コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木貞夫 あらき さだお

百科事典マイペディアの解説

荒木貞夫【あらきさだお】

陸軍大将。東京の出身。犬養・斎藤内閣の陸相として満州事変を指導した。また陸軍少壮将校の革新運動と関係をもち皇道派の指導者として統制派と対立,二・二六事件では反乱軍に同情的態度をとり,予備役に編入された。
→関連項目十月事件粛軍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木貞夫 あらき-さだお

1877-1966 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治10年5月26日生まれ。憲兵司令官,陸軍大学校校長などをへて,昭和6年犬養(いぬかい),7年斎藤内閣の陸相となる。陸軍部内の皇道派の中心として統制派と対立。8年陸軍大将。第1次近衛,平沼内閣の文相となり,教育の軍国主義化をすすめた。戦後A級戦犯として終身禁固の判決をうけ,のち釈放。昭和41年11月2日死去。89歳。東京出身。陸軍大学校卒。
【格言など】七年の雨雲消えて天津日のひかげたださす大和国原(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

荒木貞夫

1877〜1966(明治10年〜昭和41年)【陸軍大将】二次大戦では文相として軍国教育を徹底。 「日本のヒトラー」とも呼ばれた。大正・昭和期の軍人。陸軍大将。男爵。東京都出身。陸軍士官学校(九期)・陸軍大学校卒。参謀本部第一部長・教育総監部本部長などを歴任し、1931年(昭和6)犬養内閣、ついで斎藤内閣の陸相となる。真崎甚三郎とともに皇道派の中心人物。二・二六事件では関係者に同情的態度をとったため、予備役に編入された。第一次近衛内閣・平沼内閣では文相に就任。第二次大戦後A級戦犯として終身刑となるが、病気で仮釈放された。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらきさだお【荒木貞夫】

1877‐1966(明治10‐昭和41)
陸軍軍人,政治家。東京生れ。陸軍士官学校(9期)卒業。日露戦争に従軍し,1907年陸軍大学校卒業後,参謀本部員としてロシアに駐在シベリア出兵にはハルビン特務機関長として参加した。27年中将,教育総監部本部長になり,十月事件ではクーデタ内閣の首相に予定された。犬養毅内閣の陸相に就任,観念的・精神主義的な革新論と反ソ反共論を饒舌に説いて,一般の人気を集めるとともに,皇道派首領として勢威をふるう。斎藤実内閣に留任,大将に進んだが,5相会議などで成果をあげえず辞任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あらきさだお【荒木貞夫】

1877~1966) 陸軍軍人。大将。陸相・文相。東京生まれ。皇道派の中心人物。革新的反共論で青年将校に支持され、二・二六事件では同情的態度をとり、事件後予備役編入。戦後 A 級戦犯となり終身刑。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木貞夫
あらきさだお

[生]1877.5.26. 東京
[没]1966.11.2. 奈良,十津川
陸軍大将,政治家。陸軍士官学校,陸軍大学校を卒業。シベリア出兵では参謀として活躍。憲兵司令官,陸大校長を経て,1931年犬養毅内閣および斎藤実内閣で陸軍大臣となり,満州事変の処理,十月事件の処分などにあたった。 35年男爵。 38年第1次近衛文麿内閣の文部大臣となり平沼騏一郎内閣に留任。満州事変前後から青年将校の革新運動に関係し,統制派と対立。熊本師団長時代に盛んに皇道を論じ,国軍を皇軍と称して天皇帰一の軍隊であることを強調したことから皇道派と称され,精神主義的軍国主義の鼓吹者であった。 48年A級戦犯として終身刑に処せられたが,55年仮釈放された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木貞夫
あらきさだお
(1877―1966)

陸軍軍人。東京生まれ。陸軍士官学校9期。陸軍大学校を首席で卒業。参謀本部ロシア班、ロシア公使館付武官補佐官、さらに第一次世界大戦中はロシア従軍武官を務めるなど、陸軍内のロシア通として知られた。シベリア出兵ではウラジオストク派遣軍参謀として反革命軍を援助した。憲兵司令官、陸大校長、第六師団長、教育総監本部長などを歴任。精神主義的、反共主義的言動が右翼や青年将校に支持され、十月事件では首相候補に擬せられた。1931年(昭和6)犬養毅(いぬかいつよし)内閣の陸相、翌1932年五・一五事件後の斎藤実(さいとうまこと)内閣にも留任。この間、皇道派の雄として派閥人事を断行し、統制派との対立を深めた。政府に対しては軍部の圧力を背景に国内体制のファッショ化と対ソ連戦準備を推進した。1933年に陸軍大将、1934年軍事参議官となり、1935年男爵。1936年の二・二六事件では決起将校に同調し、事件後予備役となる。第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣、平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣の文相として大学自治改革を主張し教育の軍国化に努めた。敗戦後、極東裁判でA級戦犯として終身刑を宣告されたが、1954年(昭和29)病気療養のため仮出所、その後釈放され講演活動などで余生を送った。[小田部雄次]
『橘川学著『秘録陸軍裏面史――将軍荒木の七十年』(1954・大和書房) ▽橘川学著『嵐と闘ふ哲将荒木』(1955・荒木貞夫将軍伝記編纂刊行会) ▽有竹修二著『荒木貞夫風雪三十年』(1975・芙蓉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荒木貞夫の言及

【皇道派】より

…昭和期の陸軍部内の派閥。1920年代後半,宇垣一成陸相のもとで形成された宇垣閥に反発した一派の系譜をひく荒木貞夫真崎甚三郎を中心とする派閥。陸相時代の荒木が国軍を皇軍といったり,皇道精神を唱えたりしたことから,皇道派という呼称が生まれた。…

【国本社】より

…前年の虎の門事件に衝撃をうけた平沼が,〈国体ノ精華ヲ顕要スル〉ことを目的として結成した,反政党政治・反国際協調の傾向を強くもつ団体である。メンバーは平沼系の判事,検事が中心であるが,荒木貞夫,宇垣一成,後藤文夫,池田成彬などの軍人や内務省などの高級官僚,財界人をも組織した点に特色がある。地方支部でも司法官や地方政財界の名士を多数組織しており,市役所,裁判所内に事務所を設けている支部も多かった(支部39,会員1万7816名,1935年時の官憲資料)。…

【粛軍】より

…しかし,彼らが二・二六事件の指導者として決起すると,今度は逆に事件の責任の追及と内部統制再建のための措置が粛軍の具体的内容とされた。陸軍中央部は事件鎮圧とともに特設軍法会議を設け,反乱軍指導者をはじめ民間の北一輝らをも死刑を主とする厳罰に処したが,この間,36年3,4月には,事件当時の軍事参議官林銑十郎,真崎甚三郎,荒木貞夫,阿部信行の4大将をはじめ,現役の大将10名中7名を予備役に編入するなど,8月の定期異動をも含めて3000名をこえる空前の将校人事異動を行い,事件の責任を明らかにするとともに,皇道派勢力の一掃をはかった。また寺内寿一陸相は,4月8日の師団長会議で,軍人個々の政治行動は軍人の本分にもとるとし,軍の政治行動は陸軍大臣を通じてのみ行うべきものと訓示して軍内統制の方向を示し,政府も5月の第69議会で不穏文書取締法を成立させて,いわゆる怪文書取締りを強化して軍内秩序を側面から支援する姿勢を示した。…

※「荒木貞夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒木貞夫の関連キーワード真崎 甚三郎五・一五事件五・一五事件長与 又郎松井 石根5月26日有末 精三秦 真次相沢事件東京大学平賀粛学上原勇作錦旗革命2月1日国本社国維会牛島満馬占山秦真次荒木

荒木貞夫の関連情報