コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狛朝葛 こまともかず

3件 の用語解説(狛朝葛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狛朝葛
こまともかず

[生]宝治1(1247)
[没]元弘3(1333)
鎌倉時代の雅楽家。奈良の興福寺に所属した楽家の一つ狛家の出身。『教訓鈔』の著者狛近真 (ちかざね) の孫。童名海王丸。祖父の『教訓鈔』を引継いで『続教訓鈔』を著わす。ほかに左方舞譜『掌中要録』『掌中要録秘曲』も残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狛朝葛 こまの-ともかず

1247-1331 鎌倉時代の雅楽家。
宝治(ほうじ)元年生まれ。狛近真(ちかざね)の孫。奈良方。興福寺に属して左舞(さまい)と笛を専門とする。左舞の一者(いちのもの)を38年間つとめた。元徳3年3月9日死去。85歳。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)死去とする説もある。大和(奈良県)出身。初名は近葛。著作に「続教訓抄」「掌中要録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狛朝葛

没年:元弘1.3.9(1331.4.16)
生年:宝治1(1247)
鎌倉時代後期の雅楽奏者。建長1(1249)年生まれ,正慶2/元弘3(1333)年没とする説も。『教訓抄』(1233)の著者狛近真の孫。童名は海王丸。祖父の教訓を心にとどめ勤勉怠らず『続教訓抄』を著す。秘曲「陵王荒序」を舞うこと,16歳から81歳まで18回を数え,雅楽一の者を36年間勤めた。左舞譜『掌中要録』『掌中要録秘曲』の著者ともいわれる。<参考文献>『楽所補任』

(蒲生美津子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狛朝葛の言及

【長谷雄卿草紙】より

…その後長谷雄は路上で鬼に責められるが,北野天神を念じて鬼を退散させるところまでを描く。同様な説話は,1270年(文永7)唐楽舞師狛朝葛(こまあさかつ)(1249‐1333)撰《続教訓抄》にもみられ,この絵巻も何らかの古い伝承にもとづいたものと考えられる。絵の各段は物語の筋を忠実にたどって進むが,いずれも単純な画面構成の中に大柄な人物を配した単調な描写に終始し,人物描写においてもいささか卑近な容貌など通俗化した表現で雅趣に乏しい。…

※「狛朝葛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狛朝葛の関連キーワード上真葛上真節多好方岸本芳景清瀬宮継薗兼明東儀俊美三宅守正山井景光豊英秋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone