コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狛近真 こまちかざね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狛近真
こまちかざね

[生]治承1(1177)
[没]仁治3(1242)
平安時代の雅楽家。奈良の興福寺に所属した楽家,狛家の出身。現在の楽部,辻家の遠祖。左方の舞を担当し,その経験を生かして天福1 (1233) 年,雅楽の専門書『教訓鈔』を著わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狛近真 こまの-ちかざね

1177-1242 鎌倉時代の雅楽家。
治承(じしょう)元年生まれ。奈良方。兄狛光真(みつざね)の養子となり本家をつぐ。狛光季(みつすえ)の舞を継承し,笛を狛則房(のりふさ)にまなぶ。伎楽三鼓もおさめ,狛家の秘曲をうけつぐ。仁治(にんじ)元年左舞(さまい)の一者(いちのもの)。左近将監(しょうげん)。その著「教訓抄」は後世の雅楽の規範となった。仁治3年1月25日死去。66歳。大和(奈良県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狛近真

没年:仁治3.1.25(1242.2.26)
生年:治承1(1177)
鎌倉時代前期の雅楽奏者で,『教訓抄』の著者。奈良興福寺に所属し,かつ宮廷勤仕の地下楽家の出身。狛氏庶流の則房の養子となったが,祖父の光近を継いだ実兄の光真に嫡子がなかったため,光真の嫡子となった。光真が長く左方一の者であったので,仁治1(1240)年64歳の高齢で,ようやくその地位についた。『教訓抄』(1233)は,近真57歳にして,長男光継は鎌倉幕府の命により関東に住したが職を棄て,次男光葛は狂して道を執らず,最後に頼るべき3男真葛はわずか2歳,という家庭事情から,家芸断絶と舞楽道衰微を危ぶみ,楽道の教訓を子孫に遺さねばならぬという切迫した意図で成った。舞楽曲の故実,演奏記録,院政期以後鎌倉期の舞楽の実態を詳述した好書であるとともに,光近への畏敬の念,光真への対抗意識,実子たちへの憂慮感など,当時の芸能者の複雑な心境が読み取れる。舞の上手で,「春日権現験記絵」には,建保5(1217)年2月16日興福寺の衆徒が見守るなか,春日社頭で,笙・笛・太鼓を伴奏に,家芸の「陵王」を流麗に舞う様が描かれている。<参考文献>『舞楽府合鈔』,『楽所補任』(『群書類従』補任)

(蒲生美津子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こまちかざね【狛近真】

1177~1242) 鎌倉前期の雅楽家。南都左舞の伝承を記した「教訓抄」を著す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の狛近真の言及

【教訓抄】より

…音楽書。奈良興福寺の楽人狛近真(こまのちかざね)撰述。現伝本は近真が自筆本を1233年(天福1)6月から10月の間に書写したとする奥書の本を原本としているから,成立はそれ以前。…

【律呂】より

…日本でも音律の意味で律呂を用いることが多いが,何かを2分類するときの対語としても使われ,例えば催馬楽(さいばら)は律歌,呂歌に分類されている。調名の分類に律,呂を用いた例では,狛近真(こまのちかざね)の《教訓抄》(1233)で,壱越(いちこつ)調,乞食(こつじき)調,双(そう)調,水(すい)調,大食(たいしき)調,沙陀(さだ)調を呂,壱越性調,平(ひよう)調,性(せい)調,道(どう)調,黄鐘(おうしき)調,盤渉(ばんしき)調を律と区分しており,大神基政(おおがのもとまさ)の《竜鳴抄》(1133)では,いわゆる六調子を律呂に分類している。その後,律呂は旋法あるいは音階上の用語としても用いられるようになり,明治にいたっては洋楽の旋法の概念を導入して命名された〈律旋〉〈呂旋〉の2分類も行われた。…

※「狛近真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狛近真の関連キーワード続教訓鈔平安時代上真葛狛朝葛遠祖楽部天福伝承

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android