コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪熊事件 いのくまじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪熊事件
いのくまじけん

慶長 12 (1607) 年,侍従猪熊教利禁裏における官女との密通事件。発覚して教利は逃亡したが,その後,同 14年にも同様の事件が次々に現れ,大問題となったので,朝廷はこの処分を徳川家康に依頼した。教利は死罪,他の男女は遠流という江戸幕府の処分でこの事件は落着したが,これは,のち幕府の禁中,公家への政治的介入の端緒となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのくまじけん【猪熊事件】

江戸初期,宮廷で起きた猪熊教利らの密通事件。1607年(慶長12)2月,左少弁猪熊教利が官女との密通により勅勘を受けて出奔し,ついで09年7月には参議烏丸光広以下大炊御門頼国,花山院忠長飛鳥井雅賢難波宗勝,徳大寺宗久,松木宗信らの若公家衆が前年来典侍広橋氏など5人と遊興にふけり,密通していたことが発覚した。後陽成天皇は激怒し,彼らを極刑に処すべく,その意向を幕府に伝えた。徳川家康は叡慮次第の旨を奏したが,宮廷内部に寛典論も出て,その処分は家康に一任された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪熊事件
いのくまじけん

江戸初期に起きた廷臣猪熊教利(のりとし)らの密通事件。1607年(慶長12)2月左少将猪熊教利が官女との密通により勅勘(ちょっかん)を受けて出奔し、ついで09年7月には参議烏丸光広(からすまみつひろ)ら若公家衆(くげしゅう)7人が、前年来典侍(てんじ)広橋氏ら女官5人と遊興にふけり、密通していたことが発覚。後陽成(ごようぜい)天皇は激怒し、彼らを極刑に処すべく、その意向を幕府に伝えた。徳川家康は女官を伊豆新島(にいじま)に、公家衆5人を蝦夷(えぞ)などに配流し、捕らえた教利らを斬罪(ざんざい)に処したが、この寛刑は叡慮(えいりょ)にかなわなかったようで、のち天皇が譲位を思い立つ一因ともなった。またこの一件は、幕府をして廷臣の進退に干渉させる例を開くものとなった。[橋本政宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猪熊事件の関連キーワード徳大寺実久板倉勝重

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android