コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸光広 からすまる

美術人名辞典の解説

烏丸光広

江戸前期の公卿歌人。幼時日蓮宗の僧日重に預けられて学問にめざめる。のち清原清賢に儒学を、細川幽斎に和歌を学んで古今伝授を受け、二条派歌学を究めた。後陽成・後水尾天皇に仕え、権大納言に至る。また徳川家光歌道師範をつとめ、本阿弥光悦俵屋宗達ら文化人とも交流した。家集に『黄葉和歌集』等。寛永15年(1638)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

烏丸光広【からすまるみつひろ】

江戸初期の公卿,歌人,仮名草子作者。権大納言正二位。奔放な性格で逸話が多い。和歌を細川幽斎に学び,書は上代様を基礎とし,本阿弥光悦の影響を受け,全体の流れの美に重点を置く。
→関連項目後水尾天皇俵屋宗達

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸光広 からすまる-みつひろ

1579-1638 江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
天正(てんしょう)7年生まれ。烏丸光宣(みつのぶ)の子。慶長11年(1606)参議となる。14年女官との遊興事件に連座して官職をうばわれたが翌々年旧に復した。のち正二位,権(ごんの)大納言。和歌を細川幽斎にまなんで二条派歌人として活躍。書家としても知られる。寛永15年7月13日死去。60歳。歌集に「黄葉和歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

烏丸光広

没年:寛永15.7.13(1638.8.22)
生年:天正7(1579)
安土桃山・江戸時代の公卿,歌人。烏丸光宣の子。蔵人頭を経て慶長11(1606)年参議,同14年に左大弁となる。同年,宮廷女房5人と公卿7人の姦淫事件(猪熊事件)に連座して後陽成天皇勅勘を蒙るが,運よく無罪となり,同16年に後水尾天皇に勅免されて還任。同17年権中納言,元和2(1616)年権大納言となる。細川幽斎に和歌を学び古今を伝授されて二条家流歌学を究め,歌集に『黄葉和歌集』があるほか,俵屋宗達,本阿弥光悦などの文化人や徳川家康,家光と交流があり,江戸往復時の紀行文に『あづまの道の記』『日光山紀行』などがある。西賀茂霊源寺に葬られ,のちに洛西法雲寺に移された。<参考文献>小松茂美『烏丸光広』

(伊東正子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からすまるみつひろ【烏丸光広】

1579‐1638(天正7‐寛永15)
江戸初期の公卿,歌人。准大臣光宣の子。和歌を細川幽斎に師事し,歌論書として著名な《耳底記(にていき)》は若年の光広の歌道精進の次第をもよく現している。1609年(慶長14)参議・左大弁のとき猪熊(いのくま)事件を起こし勅勘を被り,11年勅免・還任されるまで不遇をかこったが,12年に権中納言,16年(元和2)には権大納言に昇った。早くから幕府の恩顧を深く受け,ことに中年以降はことあるごとに江戸に下向し,晩年の37年(寛永14)には将軍徳川家光より江戸在府のための邸まで拝受した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

からすまるみつひろ【烏丸光広】

1579~1638) 江戸初期の公家・歌人。法名、泰翁。権大納言。細川幽斎から古今伝授を受け、歌学・歌道の復興に力を注ぐとともに、狂歌・俳諧・書道にも通じ、また仮名草子を著したとも伝えられる。著「耳底記にていき」「黄葉和歌集」「あづまの道の記」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏丸光広
からすまるみつひろ

[生]天正7(1579).京都
[没]寛永15(1638).7.13. 京都
安土桃山時代~江戸時代初期の歌人,書家。号,烏有子 (うゆうし) 。従一位光宣の子。宮廷人としての官職を歴任,晩年は権大納言正二位まで昇進。和歌は細川幽斎に師事,古今伝授を受けた。狂歌俳諧,書画を好み,特に書にすぐれる。書は初め青蓮院流を習い,のち 30代から 40代なかば頃定家流を,40代後半より光悦流を学び,晩年に独自の書風を完成した。俵屋宗達と交友し,宗達の『蔦細道図屏風』などに賛や奥書を記す。著書は歌文集『黄葉和歌集』 (1636) ,歌論書『耳底記』 (02?) ,仮名草子『目覚草』 (25跋,49刊) など。『仁勢物語 (にせものがたり) 』もその作かと伝える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

烏丸光広 (からすまるみつひろ)

生年月日:1579年4月27日
安土桃山時代;江戸時代前期の歌人;公家
1638年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の烏丸光広の言及

【猪熊事件】より

…江戸初期,宮廷で起きた猪熊教利らの密通事件。1607年(慶長12)2月,左少弁猪熊教利が官女との密通により勅勘を受けて出奔し,ついで09年7月には参議烏丸光広以下大炊御門頼国,花山院忠長,飛鳥井雅賢,難波宗勝,徳大寺宗久,松木宗信らの若公家衆が前年来典侍広橋氏など5人と遊興にふけり,密通していたことが発覚した。後陽成天皇は激怒し,彼らを極刑に処すべく,その意向を幕府に伝えた。…

【恨の介】より

…寛永,明暦,寛文期の異版もある。慶長11年5月旗本松平近正の次男近次(ちかつぐ)が好色無頼の罪で改易され,蟄死(ちつし)した事件や,同14年の烏丸光広ら公家と宮女との密通事件などをモデルにしたとされる。御伽草子的な悲恋物語であるが,関白豊臣秀次の悲劇,お国歌舞伎,三味線,隆達(りゆうたつ)小歌など当時の事件・風俗が織りこまれている。…

【俵屋宗達】より

…すなわち弟子を使って工房制作を行い,俵屋絵として売り出したのである。出自を生かして千少庵,烏丸光広本阿弥光悦など当時一流の文化人,公卿と親交を結んだことが,その画風形成上にすぐれた影響をもたらした。特に光悦との協力関係は重要で,光悦が版行した嵯峨本において,木版雲母摺(きらずり)下絵の意匠を担当したのは宗達であった。…

【耳底記】より

…歌論書。幽斎細川藤孝の口述を烏丸光広が筆記した書。〈じていき〉ともいう。…

※「烏丸光広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏丸光広の関連キーワード烏丸光広(からすまるみつひろ)勘解由小路資忠佐久間真勝花山院忠長野々口立圃武藤小兵衛安楽庵策伝猪熊教利一絲文守荒木素白百拙元養佐野紹益灰屋紹益吉川惟足難波宗勝一糸文守三浦為春古筆了佐細川昌庵小松茂美

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

烏丸光広の関連情報