コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿払[村] さるふつ

1件 の用語解説(猿払[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さるふつ【猿払[村]】

北海道北部,宗谷支庁宗谷郡の村。人口3121(1995)。東はオホーツク海に面し,北西隣の稚内市に至る天北線転換バス(宗谷バス)が通じる。役場の所在する集落は北部の鬼志別(おにしべつ)。地名はアイヌ語で〈湿原の入口〉の意で,1878年宗谷郡6村設定の公示で〈猿払〉の文字が当てられた。1920年鬼志別まで鉄道が通じ(現在は廃線),24年宗谷村から分村,独立した。酪農,漁業,林業を主とし,近年酪農が伸長し,ホタテガイの養殖が盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猿払[村]の関連キーワード宗谷支庁宗谷宗谷海峡宗谷丘陵宗谷本線宗谷岬天塩幕別平野稚内総合振興局

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone