コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元斎兵衛 きよもとさいべえ

百科事典マイペディアの解説

清元斎兵衛【きよもとさいべえ】

清元節の三味線方の芸名。幕末から明治期まで4世続いた。初世生没年未詳)は文化―天保期(1804年―1844年)に活躍。初名鳥羽屋万吉。初世清元延寿太夫立三味線を務め,清元節の樹立時に清水から清沢改姓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよもとさいべえ【清元斎兵衛】

清元節の三味線方,作曲家。4世まである。(1)初世 生没年不詳。はじめ鳥羽屋万吉。1814年(文化11)清水万吉から清沢万吉と改め,20年(文政3)清元斎兵衛と改名。初世・2世延寿時代の清元三味線の功労者。《須磨》《権八》《保名(やすな)》《玉兎》《(かさね)》《申酉》《喜撰》などを作曲。(2)2世 生没年不詳。初世の門弟磯八。1837年(天保8)ごろ斎兵衛を継ぐ。《四季三葉草(しきさんばそう)》《神田祭》などを作曲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の清元斎兵衛の言及

【子守】より

…作詞増山金八。作曲清元斎兵衛。振付藤間大助,岩井吉五郎。…

【吉原雀】より

…作詞三升屋二三治(みますやにそうじ)。作曲初世清元斎兵衛。長唄の曲をもとに作られたもので,《新吉原雀》ともいわれる。…

※「清元斎兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清元斎兵衛の関連キーワード清元 斎兵衛(4代目)清元斎兵衛(初代)清元斎兵衛(4世)清元栄次郎(初代)清元斎兵衛(4代)清元斎兵衛(1世)清元斎兵衛(2世)清元斎兵衛(3代)鳥羽屋里長(4代)三社祭(邦楽)神田祭(邦楽)六歌仙容彩三人生酔荻江里八荻江理八三社祭六歌仙傀儡師山帰り荻江節

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android