清元斎兵衛(読み)きよもとさいべえ

百科事典マイペディアの解説

清元斎兵衛【きよもとさいべえ】

清元節の三味線方の芸名。幕末から明治期まで4世続いた。初世生没年未詳)は文化―天保期(1804年―1844年)に活躍。初名鳥羽屋万吉。初世清元延寿太夫立三味線を務め,清元節の樹立時に清水から清沢に改姓。のち清元斎兵衛と改める。晩年には斎寿と称した。清元初期の作品のほとんどを作曲。主作品は《保名(やすな)》《(かさね)》など。2世(生没年未詳)は初世の門人。1837年ごろ襲名。《神田祭》などを作曲。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよもとさいべえ【清元斎兵衛】

清元節の三味線方,作曲家。4世まである。(1)初世 生没年不詳。はじめ鳥羽屋万吉。1814年(文化11)清水万吉から清沢万吉と改め,20年(文政3)清元斎兵衛と改名。初世・2世延寿時代の清元三味線の功労者。《須磨》《権八》《保名(やすな)》《玉兎》《(かさね)》《申酉》《喜撰》などを作曲。(2)2世 生没年不詳。初世の門弟磯八。1837年(天保8)ごろ斎兵衛を継ぐ。《四季三葉草(しきさんばそう)》《神田祭》などを作曲。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の清元斎兵衛の言及

【子守】より

…作詞増山金八。作曲清元斎兵衛。振付藤間大助,岩井吉五郎。…

【吉原雀】より

…作詞三升屋二三治(みますやにそうじ)。作曲初世清元斎兵衛。長唄の曲をもとに作られたもので,《新吉原雀》ともいわれる。…

※「清元斎兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android