コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間勘兵衛 フジマカンベエ

3件 の用語解説(藤間勘兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじま‐かんべえ〔ふぢまカンベヱ〕【藤間勘兵衛】

日本舞踊、藤間流家元の名。7世まで続く。
(初世)[?~1769]武蔵の人。生地の川越藤間村から姓をとったとされる。江戸に出て、振付師となる。
(3世)[?~1821]2世の養子で、初世藤間勘十郎を名のった。文化・文政年間(1804~1830)の舞踊家・振付師で、江戸随一とうたわれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまかんべえ【藤間勘兵衛】

歌舞伎振付師。(1)初世(?‐1769(明和6)) 武州入間郡川越在藤間村の人で,1704年(宝永1)江戸へ出て,初世中村伝次郎の門弟となり,中村勘兵衛と称し,のちに藤間勘兵衛と改名した。(2)2世(?‐1785(天明5)) 初世の実子。《二人椀久》《犬神》《蜘蛛拍子舞》《身替りお俊》などの振付がある。(3)3世(?‐1821(文政4)) 日本橋の魚問屋魚仙の丁稚であったが,2世勘兵衛に踊りの才を認められ,その養女みよの婿となって,1790年(寛政2)3世勘兵衛を襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤間勘兵衛
ふじまかんべえ

日本舞踊藤間流の祖。[如月青子]

初世

(?―1769)武州(埼玉県)入間(いるま)郡藤間村(現川越市)出身。宝永(ほうえい)年間(1704~11)に江戸に出て踊りの師匠となり、のち藤間勘兵衛を名のり、劇場振付師となる。初めは初世中村伝九郎の門弟であったともいう。また、1758年(宝暦8)冬には森田座の長唄、唄方として記載されている。おもな振付け作品は『柱立』がある。[如月青子]

2世

(?―1785)初世の子で、1772年(安永1)襲名と思われる。振付け作品に『蜘蛛拍子舞(くものひょうしまい)』『身替(みがわり)お俊(しゅん)』など。[如月青子]

3世

(?―1821)魚問屋の丁稚(でっち)から2世の養女の婿となり、1790年(寛政2)襲名と思われる。98年に勘兵衛家を出て藤間勘十郎を名のったが、1819年(文政2)に旧名に戻る。名振付師として活躍し、『汐汲(しおくみ)』『舌出三番叟(しただしさんばそう)』など。3世没後は彼の妻が4世を継ぎ、以降、劇場振付を離れた。女性の町師匠として9世まで続いたというが不詳。1931年(昭和6)、3世藤間勘右衞門(7世松本幸四郎)が勘兵衛を名のり、勘十郎家との間に争いが起きたが、翌年勘右衞門は白紙に戻した。89年(平成1)、勘兵衛の名跡は勘十郎家、勘右衞門家の両家で守る約束ができた。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone