王子製紙争議(読み)おうじせいしそうぎ

百科事典マイペディアの解説

王子製紙争議【おうじせいしそうぎ】

王子製紙労働組合(苫小牧(とまこまい),春日井工場)の賃金要求に端を発した労働争議。組合側の賃金引上げ要求に対し,会社側が提案した稼働率向上のため連続12日操業の企業合理化の協約案をめぐって1958年7〜12月にわたり144日間の大争議となる。この間組合の分裂,官憲の介入,第二組合員の工場出入自由の仮処分をめぐる衝突事件などがあり,中央労働委員会の斡旋(あっせん)により,組合側不利の状態で妥結した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうじせいしそうぎ【王子製紙争議】

王子製紙における1958年の労働争議。王子製紙労組は総評傘下の紙パルプ労連の中核的組合であったが,その賃金引上げ要求に対して,58年2月,会社は稼働率向上のための連続12日操業を提案した。これに反対して組合は同年4月にストライキに入ったが,会社はロックアウトで対抗し,さらにユニオン・ショップ制を廃止する労働協約改定を申し入れた。組合は総評系の組合の支援を背景に長期闘争に入ったが,7月から組合脱退者が相次ぎ,8月には王子新労(王子製紙新労働組合)が結成されて組織分裂が表面化し,労働組合間の対立が深刻になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王子製紙争議
おうじせいしそうぎ

1958年(昭和33)に王子製紙株式会社(従業員4500人)で発生、組合の分裂に発展した労働争議。いわゆる「なべ底景気」のなか、民間労働組合の弱体化をねらう政策と対立した代表的な争議。同年2月、組合は春闘に基づく2000円余の賃上げなどを要求したが、抗争の続く6月、会社は逆に労働協約の改定、なかでもユニオン・ショップ制の廃止などを提案したため、これに反発した組合は、総評、紙パルプ労連との共同闘争を確立し、7月18日から無期限ストに突入した。
 しかし、東京本社、苫小牧(とまこまい)、春日井(かすがい)両工場支部で次々に第二組合が結成され、両組合員、主婦が激突する対立が生じ、紙パルプ労連の組合員1万5000人が連帯スト、全道労協の組合員27万人が1時間の連帯職場大会などの大闘争に発展した。12月9日中央労働委員会の斡旋(あっせん)で解決し、第一組合は勝利を宣言したが、翌年会社は第一組合員の懲戒処分、役職の剥奪(はくだつ)、争議中の組合幹部への辞職勧告、解雇、あるいは第一組合員子弟の採用ゼロなどの攻撃を加えたので、組合からの脱退者が続出し、第一組合は少数組合に転落した。[松尾 洋]
『王子闘争記録編纂委員会編『団結がんばろう』(1959・労働法律旬報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android