コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理研コンツェルン りけんコンツェルン

5件 の用語解説(理研コンツェルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理研コンツェルン
りけんコンツェルン

理化学研究所 (理研) を中心に形成された新興コンツェルンの一つ。産業の発展を目指して理化学の研究および技術開発などを目的として 1917年理研が設立され,21年大河内正敏が所長となって以来多くの発明特許を保有していたが,その成果の工業化は容易に進展しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

理研コンツェルン【りけんコンツェルン】

理化学研究所の成果を工業化して発展した新興コンツェルン大河内正敏を中心に,1927年の理化学興業設立以後,マグネシウムピストンリングなどあいついで企業を設立,1941年には理研工業を中核として60数社が,財閥としては小規模ながら新技術企業化で特色ある事業集団を形成。
→関連項目大河内正敏リコー[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りけんコンツェルン【理研コンツェルン】

昭和初期に台頭した新興コンツェルンの一つで,財団法人理化学研究所(略称理研)の成果を工業化することにより発展し,理研産業団ともよばれた。理研は,1917年に〈産業の発達に資するため理化学を研究し,その成績の応用を図る〉目的で,政府助成のもとに設立され,以来,理研がもつ特許は年々増加していった。だが当初その特許の工業化ははかばかしく進まず,研究資金も不足がちであった。そこで23年に所長大河内正敏は,研究成果の工業化を理研自身で行い,その収益で研究経費の不足を補うという方針を定め,ビタミンAや合成酒の製造・販売に着手した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りけんコンツェルン【理研コンツェルン】

第二次大戦前、理化学研究所を中心に発展した新興財閥。戦後の財閥解体により解体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

理研コンツェルン
りけんこんつぇるん

昭和初年に台頭した新興財閥の一つ。財団法人理化学研究所(1917設立)の3代目所長に就任した大河内正敏(おおこうちまさとし)が、研究所の発明・発見の工業化と、それを通じての研究資金の獲得を目的として1927年(昭和2)理化学興業を設立したのが発端。以後、理化学興業は大河内の「科学主義工業論」「いもづる式経営法」などのユニークな経営理念の下に理化学研究所の特許を次々に企業化し、最盛時には会社数62、工場121、その公称資本金総額1億5000万円の規模の企業集団を形成、新興財閥の一つに数えられた。だが、傘下企業数こそ多かったが、その一つ一つは小規模企業であり、しかも資金力が脆弱(ぜいじゃく)であったため、戦時統制の進展のなかでその支配権を日本興業銀行(現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)を中心とするシンジケート団に握られ、コンツェルンとしての実体を喪失した。現存する理研系企業としてはリケン、リコー、リコーエレメックスなどがある。[宇田川勝]
『大河内記念会編『大河内正敏、人とその事業』(1954・日刊工業新聞社) ▽斎藤憲著『新興コンツェルン理研の研究』(1987・時潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の理研コンツェルンの言及

【新興財閥】より

…日本経済史上初めての大々的な重化学工業化が展開した1930年代に,主として新興の重化学工業を事業基盤にして簇生(そうせい)した企業集団。日産コンツェルン日窒コンツェルン森コンツェルン日曹コンツェルン理研コンツェルンに与えられた名称で,新興コンツェルンとも称される(〈企業グループ〉の項参照)。三井,三菱,住友をはじめとする既成の財閥が株式,社債等による外部資金の調達に消極的であったのに対して,外部資金の調達に積極的であった点が新興財閥に認められる特徴である。…

※「理研コンツェルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

理研コンツェルンの関連キーワード中島コンツェルン日曹コンツェルンコンツェルト新興財閥新興コンツェルンクルップ・コンツェルンシュティンネス・コンツェルン東急コンツェルン満鉄コンツェルンライン・スヘルデ・フェロルメコンツェルン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

理研コンツェルンの関連情報