コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境外交 かんきょうがいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境外交
かんきょうがいこう

地球の温暖化酸性雨海洋汚染,フロンなどから地球環境を保護しようという各国の外交努力を指す。 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故,80年代末の米ソ対立の構図消滅は,世界各国の指導者が一国の利益を超えた共通の問題に目を向けさせることになった。 89年にヘルシンキで開かれた国際会議で,各国は西暦 2000年までのフロン全廃に合意している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

環境外交【かんきょうがいこう】

1960年代末ごろ,地球環境問題が出現し,スウェーデン政府が北欧で激化するようになった酸性雨の防止対策を国際的に協議することを中心的な課題として国連人間環境会議を首都ストックホルムで開催するよう国連に提唱し,誘致に成功したことに始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

環境外交の関連キーワード環境と開発に関する世界委員会国連環境開発会議持続可能な発展国連環境計画地球温暖化オゾン層

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境外交の関連情報