コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境外交 かんきょうがいこう

2件 の用語解説(環境外交の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境外交
かんきょうがいこう

地球の温暖化や酸性雨,海洋汚染フロンなどから地球環境を保護しようという各国の外交努力を指す。 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故,80年代末の米ソ対立の構図の消滅は,世界各国の指導者が一国の利益を超えた共通の問題に目を向けさせることになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

環境外交【かんきょうがいこう】

1960年代末ごろ,地球環境問題が出現し,スウェーデン政府が北欧で激化するようになった酸性雨の防止対策を国際的に協議することを中心的な課題として国連人間環境会議を首都ストックホルムで開催するよう国連に提唱し,誘致に成功したことに始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

環境外交の関連キーワード海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律酸性霧地球温暖化防止京都会議GAW温暖化地球温暖化対策税地球温暖化防止推進月間地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策温室効果ガスと県の温暖化防止対策真鍋淑郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環境外交の関連情報