コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体元素 セイタイゲンソ

2件 の用語解説(生体元素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいたい‐げんそ【生体元素】

生元素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生体元素
せいたいげんそ

生元素ともいい、生物が生活機能を営むためになくてはならない元素をいう。一般の生物に含まれる主要な元素として、炭素、水素、酸素、窒素、硫黄(いおう)、リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、塩素の計11種がある。ヒトの場合、これらの元素が体重の約99%を占めている。これらはいずれも生物にとって必要不可欠な元素である。高等動物の場合、このほかに微量ではあるが必要な元素として、フッ素、ケイ素、バナジウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、スズ、ヨウ素の13種があげられている。また、ニッケル、鉛も必要らしい。これらの微量元素のうち、金属元素はイオンの形で酵素の特別な部位に結合している例が多い。酵素タンパク質の立体構造を安定化させたり、触媒反応に関与していると考えられる。さらに鉄、コバルト、亜鉛などは、イオンとして可逆的に酸化還元を行うことができ、酸化還元反応をつかさどる酵素の活性中心の一部となっている場合がある。これらの元素に加えて、高等植物の場合、ホウ素が不可欠であるが、動物や微生物ではそうではない。このように、ある限られた生物種、または限られた環境に生きる生物群にとって、ある種の特別な元素が必要とされる場合がある。また一般に、生物の体内には土壌中に存在するほとんどすべての元素が含まれているが、かならずしも不可欠でなく、機能のはっきりしないものも多い。ヒ素やカドミウムなどの有害な元素が、哺乳動物にとって微量は必要だという説もあるが、まだ不確定である。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生体元素の関連キーワード親生元素スズ窒素族元素化学元素希元素・稀元素元素記号生元素同族元素十元素ゴールトシュミットの元素分類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone