生煮え(読み)ナマニエ

デジタル大辞泉の解説

なま‐にえ【生煮え】

[名・形動]
十分煮えていないこと。また、そのもの。半煮え。「生煮えな(の)ジャガイモ」
未熟なこと。また、そのさま。「生煮えな(の)知識をふりまわす」
どちらともはっきりせず、煮えきらないこと。また、そのさま。「生煮えな(の)返事」「対応が生煮えだ」
十分な議論・検討のされていないこと。「生煮えの法案を提出する」→煮詰まる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまにえ【生煮え】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まだ十分に煮えていないこと。 「芋はまだ-だ」
物事が十分熟していない・こと(さま)。 「 -な論旨」
態度があいまいで煮えきらない・こと(さま)。 「 -な態度をとる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生煮えの関連情報