コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマジ

4件 の用語解説(憖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なまじ【×憖】

《「なまじい」の音変化》
[形動][文][ナリ]完全ではなく中途半端であるさま。いいかげん。なまじっか。「なことでは承知しまい」
[副]
無理にしようとするさま。しなければよかったのに、という気持ちで用いる。なまじっか。「手出しをしたばかりに失敗に終わった」
中途半端なさま。なまじっか。「金があるものだから」

なま‐じい〔‐じひ〕【×憖】

[形動][文][ナリ]
なまじ」に同じ。
「―に御器量好しだの美人だの云われた丈に」〈蘆花自然と人生
そうするのは無理なのにあえてするさま。
「物思ふと人に見えじと―に常に思へりありそかねつる」〈・六一三〉
しなくてもいいのにするさま。
「―なるいくさして、言ふかひなく敵の手にかかり」〈太平記・一一〉
[副]なまじ」に同じ。
「お旗下の若様だと―若い人に知らせると」〈円朝真景累ヶ淵

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なまじ【憖】

〔「なまじい」の転〕
( 副 )
中途半端なさま。不徹底なさま。なまじっか。期待される事態とはならず、かえって好ましくない結果を招くという意で用いる。 「 -腕に覚えがあるのがいけなかった」 「 -知ってる仲間だから頼みづらい」
(後に「ば」を伴う)あることを仮定して、それをしないほうがむしろよいという意を表す。…するためにかえって。 「 -会えば未練がわく」 「 -真実を知れば苦悩が増す」
( 形動 )
に同じ。 「 -なことはしないほうがよい」 「 -の玄人くろうとよりは腕がたつ」

なまじい【憖】

〔「なまじ」の古い形。「生強なまじい」の意。古くは「なましい」とも〕
( 副 )
なまじ 」に同じ。 「 -に究竟の水練にておはしければ、沈みもやり給はず/平家 11
十分に考えずにするさま。うかつ。 「よくせざらんほどは、-に人に知られじ/徒然 150
できそうもないことを無理にするさま。あえて。 「物思ふと人に見えじと-に常に思へりありそかねつる/万葉集 613
望ましくないことをいやいやするさま。しぶしぶ。 「強あながちに敬ひて請ずれば、僧-に行きぬ/今昔 20
( 形動 ) [文] ナリ 
なまじ 」に同じ。 「 -なるやからに身を染め、何かせんと思し召し/御伽草子・のせ猿」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone