コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生温い ナマヌルイ

デジタル大辞泉の解説

なま‐ぬる・い【生温い】

[形][文]なまぬる・し[ク]
少しあたたかい。中途半端にあたたかい。また、変にあたたかい。なまあたたかい。「―・いふろ」「―・い春風」
きびしさがない。手ぬるい。「―・い処置」「しつけ方が―・い」
気力が感じられない。情熱が足りない。
「―・き、色の白きひな男なり」〈仮・東海道名所記・一〉
[派生]なまぬるさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なまぬるい【生温い】

( 形 ) [文] ク なまぬる・し
あまり冷たくもなく、熱くもない。少しあたたかい感じがする。 「 - ・い水」
はっきりしない。どっちつかずだ。あいまいだ。 「 - ・い態度をとる」 「忌いやな眼付をして-・い吻くちを利かれると/社会百面相 魯庵
処置や方法が手ぬるい。厳しさが足りない。 「取り締まりが-・い」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生温いの関連キーワード魯庵

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生温いの関連情報