中途半端(読み)チュウトハンパ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]始めた物事が完了しないでいること。態度などが徹底せず、どっちつかずの状態であること。また、そのさま。「何をやらせても中途半端で終わる」「中途半端態度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
物事が完成していないこと。また、徹底していないで、どっちつかずなさま。 -な態度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 物事の完成にまで達しないこと。また、どっちつかずで徹底しないさま。ちゅうとなか。
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉七七「君は能く僕の事を中途半端だといって攻撃しましたな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

物事の完成にまで達しないこと。どっちつかずで徹底しない様子。

[活用] ―な。

[使用例] 老妓でもなく若くもない中途半端な自前の姐さん達[永井荷風*腕くらべ|1916~17]

[使用例] あんたはいつか僕のことを、中途半端な人間だと言っただろう[梅崎春生*幻化|1965]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

中途半端の関連情報