コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中途半端 チュウトハンパ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうと‐はんぱ【中途半端】

[名・形動]始めた物事が完了しないでいること。態度などが徹底せず、どっちつかずの状態であること。また、そのさま。「何をやらせても中途半端で終わる」「中途半端態度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうとはんぱ【中途半端】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事が完成していないこと。また、徹底していないで、どっちつかずなさま。 「 -な態度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中途半端の関連キーワード波にも磯にもつかず帯に短し襷に長し生欠・生欠伸こんにちは屁っ放り腰宙ぶらりん尻切れ蜻蛉何方付かず半端ない半ら半尺桐壺源氏生優しい宙に浮く端ギャル堂に入る半知半解宙に迷う一知半解生悟り尻切れ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中途半端の関連情報