生節(読み)なまりぶし

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐ぶし【生節】

〘名〙 =なまりぶし(生節)《季・夏》
※俳諧・をだまき(元祿四年本)(1691)四月「(ナマブシ)

なまり‐ぶし【生節】

〘名〙 取りした鰹(かつお)を蒸して半乾燥させた食品。なまり。《季・夏》 〔古今料理集(1670‐74頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生節の言及

【節】より

…丸太から板や柱などを製材したときに,節の断面が現れてくるが,その形によって丸いものを〈丸節〉,楕円形のものを〈楕円節〉と呼び,さらに枝の長軸に沿う方向に切られた場合には双曲線を示すようになるので,これを〈流れ節〉と呼んでいる。枝が生きていて,健全な場合には〈生節(いきぶし)〉と呼び,節の部分の組織はまわりの組織とつながっている。枯れた枝からできた節は〈死節(しにぶし)〉と呼ばれ,周囲の組織とのつながりはない。…

【なまりぶし(生節)】より

…鰹(かつお)節の半製品で,節どりしたカツオを煮て火力乾燥させたもの。《卯花園漫録(ぼうかえんまんろく)》(1809)がいうように〈生干し節〉の転じた語と思われる。関西では〈なま節〉と呼ぶ。煮つけにしたり,そのままほぐしてキュウリもみに加えたりする。乾燥が十分でないので水分が多く,長期間の保存はできない。鰹節【橋本 寿子】…

※「生節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android