コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産褥静脈血栓症 さんじょくじょうみゃくけっせんしょう Puerperal Venous Thrombosis

1件 の用語解説(産褥静脈血栓症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

さんじょくじょうみゃくけっせんしょう【産褥静脈血栓症 Puerperal Venous Thrombosis】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)のとき早く血が止まるように、妊娠中は生理的に血液が凝固しやすい状態になっていますが、これがかえって悪い作用をおこすことがあります。つまり、血栓症(血液のかたまりができて、血管をふさいでしまう病気)を発症させる引き金になるのです。
 現在、血栓症は、表在性と深在(部)性に分けられています。
■表在性静脈血栓症
 産褥時に発生する血栓症の約70%を占め、一般的に軽症です。産褥2~3日目に、皮膚のすぐ下にある静脈に沿って、足関節(そくかんせつ)内側から膝関節(しつかんせつ)内側にかけて線状の発赤(ほっせき)(皮膚が赤くなる)を認め、熱感と疼痛(とうつう)がおこります。
深部静脈血栓症
 妊婦死亡の原因として頻度の高い肺塞栓症(はいそくせんしょう)(コラム肺塞栓症」)の約70%が、この疾患を合併しています。そのため、肺塞栓症を減少させるには、深部静脈血栓症を早期に発見し、適切な治療を行なうことが重要です。
 しかし、診断は非常に困難で、なんらかの症状を示すのは、約10%にすぎません。
 発症しやすい部位は、下肢(かし)や骨盤(こつばん)内で、とくに左側に多くおこります。
 症状は、下肢の浮腫(ふしゅ)(むくみ)や腫脹(しゅちょう)(腫(は)れ)、腓腹部(ひふくぶ)(ふくらはぎ)の圧痛や疼痛(とうつう)などです。
 以上のことから、最近では、深部静脈血栓症にかかる可能性の高い人(血栓塞栓症の既往歴のある人、浅在性静脈瘤(せんざいせいじょうみゃくりゅう)、静脈炎のある人など)の場合は、予防的治療(少量のヘパリンカルシウムやヘパリンナトリウムを用いる)を行なう必要があるとされています。
[検査と診断]
 静脈に造影剤を入れてX線撮影をすると、血管の画像がとぎれていたり、造影剤が充満しているはずのところが欠けているのがみられ、診断が確定します。また、超音波血流計測法で、大腿(だいたい)静脈音が聴きとれない場合、閉塞(へいそく)があると推測されます。
[治療]
 表在性の場合、患部側の下肢を高くしたり、圧迫するための包帯を巻きます。深在性の場合は、抗凝固(こうぎょうこ)療法(ヘパリンやワルファリンカリウムといった薬剤を使い、血液をかたまりにくくする)が行なわれます。
 予防としては、脱水状態や血液の濃度の改善をはかり、産後は早期に離床します。正常な出産でも、予防のため、抗生剤や消炎剤を使用します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

産褥静脈血栓症の関連キーワード鉗子分娩吸引分娩経腟分娩分娩分娩予定日異常分娩無痛分娩自宅分娩誘発分娩正常分娩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone