コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウ

5件 の用語解説(用の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆう【用】

仏語。働き。作用。受用(じゅゆう)。「体、相、

よう【用】

必要にこたえる働きのあること。役に立つこと。また、使い道。用途。「をなさない」「のなくなった子供服」
なすべき仕事。用事。「を言いつけられる」「急ぎので出掛ける」「君にはない」
大小便をすること。用便。「小
費用。入費。ついえ。「家計のに充てる」
事物の本体に対して、作用。働き。
「今一身を分かちて二つの―をなす」〈方丈記
用言。また、その作用。
「水辺や又山類の体―は連歌のごとく用ゆべきなり」〈新増犬筑波集
体言に格助詞「の」の付いた形で、または用言に助動詞「う」の付いた形で、動作の目的や理由を表す。
「何の―にかあらむと申す」〈竹取
名詞の下に付いて、…のために使用するもの、…が特に使用するもの、…で使用するもの、などの意を表す。「作業の机」「紳士セーター」「保存ディスク」

よう【用】[漢字項目]

[音]ヨウ(漢) ユウ(呉) [訓]もちいる
学習漢字]2年
使う。もちいる。「用意用語用心用途用法愛用悪用応用慣用起用客用共用軍用兼用採用使用借用信用専用通用適用内用日用薬用利用流用
物の働き。「用言器用効用作用妙用無用有用
必要な金や物。元手(もとで)。「用具用紙用地用度入用費用
やっておくべき仕事。「用件用事用務急用公用雑用私用社用所用商用
大小便をする。「用便小用(こよう・しょうよう)
[名のり]ちか・もち

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆう【用】

〘仏〙
真理や事物のもつはたらき。作用さゆう。力用りきゆう
信者から受けた布施を用いること。受用じゆゆう
よう(用) 」に同じ。

よう【用】

( 名 )
しなくてはならない事柄。用事。 「 -を言い付ける」 「 -が済む」
役に立つこと。はたらきをすること。 「公衆の-に供する」 「これでも-が足りる」
大小便をすること。用便。 「 -を足す」
費用。入費。 「御内証の御-は何程にても是の内義に申付けておきまする/浮世草子・織留 3
〔「ゆう」とも〕 (事物の本体を「体」というのに対して)作用。現象。 「衆生の心も…情識は-也、波に似たり/沙石 2
作用を表す言葉。また、活用する言葉。 「むしは惣名也。躰也。むすはその-也/名語記」
(形式名詞的に用いて)ため。ゆえ。 「何の-に心もなう遠からぬ門を高く叩くらむ/枕草子 84」 「かう云は斉の君をわるいと云わう-ぞ/史記抄 10
名詞に付いて、…のために使用するもの、…において使用するもの、…が使用するもの、などの意を表す。 「実験-」 「家庭-」 「生徒-」
( 名 ・形動ナリ )
必要な・こと(さま)。入用。有用。 「いづれもいづれも-果てなば賜びてむ/落窪 1」 「かやうの所に馬など-なる物ぞかし/宇治拾遺 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

用の関連情報