コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中萃一郎 たなかすいいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中萃一郎
たなかすいいちろう

[生]1873.3.7. 静岡
[没]1923.8.13. 新潟,村上
東洋史学者。 1892年慶應義塾大学文学科を卒業。のち同大学教授。史学科の創立者。 A.ドーソンの『蒙古史』 Histoire des Mongolsの翻訳 (上巻は 1909年刊) をもって日本のモンゴル学の進歩に大きな寄与をした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中萃一郎 たなか-すいいちろう

1873-1923 明治-大正時代の歴史学者。
明治6年3月7日生まれ。38年イギリス,ドイツに留学。40年母校慶大の文学部教授となり,43年史学科を創設。ヨーロッパ政治史,東洋史などの講座を担当した。大正12年8月13日死去。51歳。静岡県出身。著作に「東邦近世史」,訳書にドーソン「蒙古史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田中萃一郎

没年:大正12.8.13(1923)
生年:明治6.3.7(1873)
静岡県生まれ。慶応義塾幼稚舎(小学校)に入り,慶応義塾の大学部文学科で,日本が招聘したドイツ人のお雇い外人教師リースに史学を学ぶ。義塾留学生として明治38(1905)年から40年まで英独に留学し,帰国後教授になる。43年慶大に史学科を創設。西洋史だけでなく国史・東洋史にも通じ政治学・政治史も講義した。時事評論も多いが主著は『東方近世史』,それにドーソンの『蒙古史』やヘルダーの『歴史哲学』を訳しラスキの政治学を論ずるなど知識の広さは抜群でしかも一流,明治時代にこれほどの博学者も珍しい。惜しくも51歳で急逝した。厳格な人柄で学者,教育者として生涯を送った。<著作>三田史学会編『田中萃一郎史学論文集』

(神山四郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

田中萃一郎の関連キーワード田中 萃一郎大正時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android