コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田口運蔵 たぐち うんぞう

2件 の用語解説(田口運蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田口運蔵 たぐち-うんぞう

1892-1933 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治25年5月1日生まれ。二高中退後渡米して片山潜を知り,在米日本人社会主義者団を結成。大正10年モスクワでのコミンテルン第3回大会に日本代表として出席。12年日ソ国交のため来日したヨッフェの通訳をつとめた。昭和8年10月26日死去。42歳。新潟県出身。旧姓は金井。著作に「赤旗の靡くところ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田口運蔵
たぐちうんぞう
(1892―1933)

大正・昭和期の社会運動家。明治25年5月1日新潟県新発田(しばた)町で生まれる。第二高等学校中退。1914年(大正3)、外国船の密航者となり海外での放浪生活を始める。18年アメリカに渡り片山潜(せん)と知り合い、ランド・スクールに通い、翌年11月に在米日本人社会主義者団を結成し、アメリカ共産党に入党した。21年4月コミンテルン第3回大会に出席のためモスクワに赴き、大会の議長に選ばれ演説する。23年2月、日ソ国交回復の予備交渉のためにヨッフェが来日したとき、その事実上の秘書として帰国し、熱海(あたみ)における後藤‐ヨッフェ会談の通訳として活躍。『改造』『文芸戦線』などで執筆活動を続けたが、昭和8年10月26日死去した。著書に『赤旗の靡(なび)くところ』(1929)、『赤い広場を横切る』(1930)など。[山田敬男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田口運蔵の関連キーワードイギリス映画晩年伊豆の踊子丹下左膳カルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone