コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田籍 デンセキ

3件 の用語解説(田籍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でん‐せき【田籍】

律令制で、口分田の受給戸主の姓名および町段歩を記した土地台帳班田の終わるごとに作成された。でんじゃく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんせき【田籍】

日本古代の班田収授に際し,班給すべき口分田をあらかじめ郷戸ごとにまとめて記した帳簿。田文(たぶみ)ともいう。戸主の姓名につづいてその戸口の口分田が,一筆ごとに条里制による表示によって,面積とともに記されていたのではないかと推定されている。班田の終了後は,民部省に送られ,田図と同様永久保存される定めであった。班田制の衰退とともにその意義はしだいに失われ,820年(弘仁11)以降は,畿内では四証年(天平14年(742)・天平勝宝7歳(755)・宝亀4年(773)・延暦5年(786))のものを除き次の班田以後の田籍は廃棄されることになり,また七道諸国では田籍の京進を中止し,田図のみ進上することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんせき【田籍】

律令制で、戸主の名や口分田の町段歩を記した土地台帳。班田収授の際に作製され田図とともに民部省に保管された。でんじゃく。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田籍の関連キーワード班田収授法良民公地公民校田田図班田班田収授の法班田制偽籍授口帳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone