コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京進 キョウシン

4件 の用語解説(京進の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しん〔キヤウ‐〕【京進】

中世、荘園公領の年貢・公事(くじ)などを京都の本所・領主に進上したこと。京納。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京進

1975年に京都市東山区に個人塾「京都進学教室」を開設。99年に大証2部に上場した。現在、小中学生や高校生向けの学習塾などを323カ所(7月末現在、フランチャイズも含む)で展開している。海外では、独デュッセルドルフと中国・広州で日本人小中学生向けの学習塾を運営している。2010年2月期の連結売上高は104億円。

(2010-08-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

京進

正式社名「株式会社京進」。英文社名「KYOSHIN. CO., LTD.」。サービス業。昭和56年(1981)「株式会社京都進学教室」設立。平成9年(1997)現在の社名に変更。本社は京都市下京区烏丸通五条下る大阪町。学習塾。京都・滋賀地盤。主力は小中学生向けの私立中高入試対策。学習塾・個別指導教室運営や家庭教師派遣事業などを行う。東京証券取引所第2部上場。証券コード4735。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうしん【京進】

中世、荘園などの収穫、年貢などを京都の領家または本家などへ進上すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京進の関連キーワード兼松京急ストアAiHOオムエルケーエスケーしんわ京都科学エトー京王観光京葉工管

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京進の関連情報