コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名寄帳 なよせちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名寄帳
なよせちょう

中世,近世の土地関係帳簿で,地籍別でなく人名別に編成されたものをいう。鎌倉,室町時代には,荘園全体の土地台帳である検注帳 (→検注 ) とは別に,荘園領主名主職 (みょうしゅしき) 所有農民ごとに,その年貢公事 (くじ) 負担の責任を明らかにするため,名寄帳を編成した。江戸時代には,村ごとに領主側で作成した土地台帳である検地帳のほかに,高請 (たかうけ) 本百姓ごとに,村役人が名寄帳を編成して,年貢収納,村入用賦課の実用に供した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

名寄帳【なよせちょう】

(1)荘園における土地台帳。荘園領主が名主職(みょうしゅしき)所有者ごとの年貢公事(くじ)負担を土地ごとに書き上げた帳簿。(2)江戸時代の年貢徴収のための基本帳簿の一つ。
→関連項目本百姓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なよせちょう【名寄帳】

日本近世の村方帳簿の一つ。検地帳に基づいて村ごとに作成された土地台帳。百姓の名まえ別に田,畑,屋敷の石高(こくだか),面積を1筆ごとに記載し,それを合計して百姓別の石高,面積を記帳している。年貢の村請(むらうけ)制のもとで,村役人が村請年貢村内で割り付け,徴集する必要から,村内における年貢諸役の負担責任者を明確にするために作成した。検地帳が領主側で作成した帳簿であるのに対し,名寄帳は,検地で確定された村高に応じる村請年貢を納入するために,村内の実情に即して村側で作成した帳簿である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なよせちょう【名寄帳】

中世・近世の土地台帳の一。年貢負担者ごとにその土地の種類・面積、年貢の額などを書き上げた帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名寄帳
なよせちょう

江戸時代の土地台帳の一種。検地帳が一村の土地を一筆ごとに記してあるのに対し、名寄帳は田畑・屋敷の面積・石高(こくだか)を所持者ごとにまとめて記載してある。各所持者の農家別に面積・石高が集計してあるので、検地帳と異なり、そのまま農民層の所持高構成を知ることができる。年貢の割付けや村入用の賦課などのために、村役人が検地帳に基づいて作成する帳簿であり、原則として領主に提出することはなかった。また村役人は、土地の売買・質入れなどによって土地の所持者がかわる際に加除訂正を行い、つくりかえることも多かった。[長谷川伸三]
『大石久敬著、大石慎三郎校訂『地方凡例録』上下(1969・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の名寄帳の言及

【検注帳】より

…かように目録は,正検注のときにはもちろんであるが,必要に応じて随時調査作成され,検注帳と併せて領主の土地支配,収税の基準として,大きな役割を果たしていたのである。 検注帳と密接な関連を持つものに名寄帳(なよせちよう)がある。検注帳は地域を基準として記載されていて,名請人単位の集計は行われていない。…

【名請人】より

…名請人は土地に対してなんらかの権利と義務を持った人物であり,実態としては中世の検注帳などに見られるが,〈名請〉の用語そのものは近世になって使われるようになったようである。 近世初期には,検地帳に登載された名請人であっても所持石高が少量であり,屋敷地が登録されておらず,しかも検地帳と並ぶもう一つの基本台帳である名寄帳には名前が出てこないような農民もいた。彼らは法的には名請人であっても,実態としては一軒前の百姓として自立した農業経営を行うことが困難な零細農民であった。…

※「名寄帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名寄帳の関連キーワード三一独立運動木内惣五郎佐倉惣五郎中世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android