由良町(読み)ゆら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由良〔町〕
ゆら

和歌山県西部,紀伊水道にのぞむ町。 1948年町制。 55年白崎村,衣奈 (えな) 村と合体。心集落はリアス式湾入の湾奥にある由良港にのぞみ,江戸時代,廻船の寄港する港町として発展。第2次世界大戦前まで海軍の停泊地であった。 73年造船所が進出。漁業を主とするが,柑橘類の栽培も行われる。西端部には万葉の時代から知られ,歌枕となった白崎があり,ガジュマルの茂る大引・衣奈海岸とともに白崎海岸県立自然公園に属する。門前の大岩は石灰岩露頭天然記念物虚無僧の本山として知られる興国寺がある。 JR紀勢本線,国道 42号線が通じる。面積 30.94km2(境界未定)。人口 5837(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由良町の関連情報