コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白崎 しらさき

2件 の用語解説(白崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白崎
しらさき

和歌山県西部,紀伊水道に突出する岬。由良町に属する。典型的なリアス海岸にある岬の1つで,奈良県境の護摩壇山から西に延びる白馬山脈が紀伊水道に沈む部分にあたる。中生代ジュラ紀の白色の石灰岩が海に突出し,万葉の歌にもうたわれた景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白崎
しらさき

和歌山県中部、日高(ひだか)郡由良(ゆら)町にある岬。西走する白馬(しらま)山脈が紀伊水道に沈むリアス式海岸の一部で、中生代白亜系の地層に挟在する古生層の石灰岩の真っ白な露頭が海に突出する。『万葉集』巻9の「白崎は幸(さき)くあり待て大船に真楫繁貫(まかじしじぬ)きまたかへり見む」で知られる。白崎海岸県立自然公園域で、青少年の家がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白崎の言及

【由良[町]】より

…三井造船由良工場も立地し,宅地造成などが進む。町域西端の白崎は美しい石灰岩の岬で,明治以降近年までセメント用に採取されていた門前の北側山麓に中生代ジュラ紀の砂岩の大露出があり,〈門前の大岩〉(天)と称される。紀伊水道に浮かぶ黒島はハマカズラの自生北限地。…

※「白崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白崎の関連キーワード海南白崎海岸由良港和歌山下津港由良[町]和歌山県日高郡由良町神谷下津〈町〉和歌山県日高郡由良町畑和歌山県日高郡日高町和歌山県日高郡由良町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白崎の関連情報