コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男女の法 だんじょのほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男女の法
だんじょのほう

孝徳天皇の大化1 (645) 年8月に発布された法令。内容は,(1) 良民の父母の間に生れた子は父に帰属させる。 (2) 父母のいずれか一方が奴婢である場合には,その子は奴婢とする。 (3) それぞれ主人を異にする奴婢の間に生れた子は,母方の婢に帰属させる。 (4) 寺院の所有する仕丁 (しちょう) の子は,原則として良民の法に従うが,特に奴婢とされているものに限って奴婢の法を適用する。中国の法に強く影響を受けたもので,一般的な意味としては婚姻法,身分法であり,訴訟の基準を定めたものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男女の法
だんじょのほう

『日本書紀』大化(たいか)元年(645)8月庚子(こうし)条に記された身分法。人民を良人(りょうじん)と奴婢(ぬひ)に二分し、各身分間の所生子の帰属(所生の奴婢については主に所有権)を規定する。良人男女間の子は父に配する。良男と婢の間の子は婢に配し、良女と奴の間の子は奴に配し、奴婢間の子は婢に配し主家の所有とする(奴婢となる)。寺家の仕丁(しちょう)(隷属民)は、奴婢とされている場合以外は良人に準じて法を適用する。[石上英一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の男女の法の言及

【大化改新】より

…また,使者派遣と同じ日に,朝廷は中国の古典により〈鍾匱(しようき)の制〉を設けて,人民が管理者である伴造(とものみやつこ)や国造ら豪族の裁判に不服なときは朝廷の櫃に上申書を入れさせ,上申書の朝廷での処理が不当なときには鐘を打たせることとした。そして良・賤の区別を明らかにするためには〈男女の法〉を公布して,良民相互,良民と賤民,賤民相互の間に生まれた子をそれぞれ父母のどちらにつけるかを定めた。さらに僧尼統制のために〈十師〉という10人の代表者を僧の中から任命する一方では,俗人から任命した寺司らに各寺の所有する奴婢や土地を調査させるなど,新政を推進して,その年末には都を海外との交渉に便利な難波に移した。…

※「男女の法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

男女の法の関連キーワード五色の賤良賤法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android