コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畝織(り)(読み)ウネオリ

百科事典マイペディアの解説

畝織【うねおり】

表面に畝の現れた織物の総称。平織から変化した組織で,経(たて)または緯(よこ)に2本以上の糸,あるいは太糸を用いて織るもので,縦畝織と横畝織とがある。装飾的な趣があり,おもなものは塩瀬博多織琥珀(こはく)織タフタピケコーデュロイなど。
→関連項目佐竹義和平織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畝織
うねおり

平織から発生した変化組織の一つで、畦織(あぜおり)ともいう。経(たて)・緯(よこ)の糸本数の比率を変えたとき、それぞれの方向に畝(畦)ができる。これを強調するために、太糸や2本以上の糸を引きそろえにすることもある。横方向に畝のあるものを経畝織、縦方向に畝のあるものを緯畝織という。経畝織のものに、琥珀(こはく)織、博多(はかた)織、タフタ、ポプリン、ブロードなどがある。なお緯畝織のものは少ない。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android