コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畝織(り) ウネオリ

3件 の用語解説(畝織(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うね‐おり【畝織(り)】

畑の畝のように、横または縦に高低をつけた織物。あぜおり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

畝織【うねおり】

表面に畝の現れた織物の総称。平織から変化した組織で,経(たて)または緯(よこ)に2本以上の糸,あるいは太糸を用いて織るもので,縦畝織と横畝織とがある。装飾的な趣があり,おもなものは塩瀬博多織琥珀(こはく)織タフタピケコーデュロイなど。
→関連項目佐竹義和平織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畝織
うねおり

平織から発生した変化組織の一つで、畦織(あぜおり)ともいう。経(たて)・緯(よこ)の糸本数の比率を変えたとき、それぞれの方向に畝(畦)ができる。これを強調するために、太糸や2本以上の糸を引きそろえにすることもある。横方向に畝のあるものを経畝織、縦方向に畝のあるものを緯畝織という。経畝織のものに、琥珀(こはく)織、博多(はかた)織、タフタ、ポプリン、ブロードなどがある。なお緯畝織のものは少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畝織(り)の関連キーワードピケ変化組織重ね織物呉服太物羅紗壁織ツィルパイル織輪奈織物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone