コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琥珀織 コハクオリ

デジタル大辞泉の解説

こはく‐おり【××珀織】

縦糸が密に並び、横糸がやや太く、布面に横うねのある平織り絹織物。帯や袴地(はかまじ)、また和服・婦人服などに用いる。もと外来のもので、天和年間(1681~1684)京都の西陣で織り出すようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

琥珀織【こはくおり】

絹織物の一種。経(たて)糸に細糸を,緯(よこ)糸に太糸を用いて平織にし,横方向に畝(うね)を表した織物で,最近は化繊,合繊も用いられる。厚地は帯,袴(はかま)などに,薄地は普通タフタと呼ばれ婦人服地にされる。
→関連項目畝織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こはくおり【琥珀織】

絹織物の一種。元来は,舶来唐茶宇(とうちやう)のことで厚琥珀薄琥珀の別がある。茶宇はインドのチャウルChaulで織り出されたところから,茶宇留茶宇縞などと呼ばれた。厚琥珀は天和年間(1681‐84)に西陣の織工が初めて織り出したもの。組織は変化平織の経畝(たてうね)織で経糸を密にし,緯糸は太めを織り,低い緯畝のある地風の練絹織物である。博多織と似ているが,それより地薄で緯畝が小さく女帯地に織られ,琥珀九寸とも呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琥珀織
こはくおり

経畝(たてうね)にした絹織物の一種。経糸に細い練(ねり)絹糸を緻密(ちみつ)に使い、緯糸(よこいと)には太い練絹糸で平織に織り、緯方向に畝を出したもの。化繊のものには、ジャカードを使った紋琥珀もある。琥珀織は、組織に使われる糸の太さや密度の違いにより、薄琥珀と厚琥珀の2種類に分けられる。薄地のものは、タフタtaffetaとよんでいるものより重めのもので、婦人服地、傘地に使われ、厚地のものは、いわゆる博多織(はかたおり)とほぼ同じで、帯地、袴地(はかまじ)に用いられる。
 日本では、厚琥珀が天和(てんな)年間(1681~84)に中国の技法に倣い、西陣(にしじん)で初めて織られたといわれ、国産化された。また絹織物であったものが、最近では化合繊を使って織られることも多くなった。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

琥珀織の関連キーワードあずまコートこうもり傘琥珀縞縦糸塩瀬

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android