コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しぶり腹 しぶりばらtenesmus

翻訳|tenesmus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しぶり腹
しぶりばら
tenesmus

裏急後重 (りきゅうこうじゅう) ともいう。直腸炎赤痢などにみられる症状で,しばしば強い消化管の疼痛を伴って便意を催すが,肛門括約筋けいれんのため,少量の排便をみるのみで,すぐにまた便意を催す状態をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しぶり腹
しぶりばら

単に「しぶり」ともいい、テネスムスtenesmusの訳語で、古くは裏急後重(りきゅうこうじゅう)とよんだ。直腸炎や赤痢など炎症性の刺激によって直腸が過敏状態になり、便がすこしたまっただけで肛門(こうもん)の筋肉がけいれんする肛門しぶりをさす。便意は疼痛(とうつう)を伴い、頻発するが、排便はほとんどないか、まったくみられないため、排便終了感もない。
 なお、これと同様な状態が尿意にみられるものを膀胱(ぼうこう)しぶりという。[岡島邦雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

しぶり腹の関連キーワードしぶり腹(テネスムス/裏急後重)子どもの急性胃腸炎桂枝加芍薬大黄湯病原大腸菌食中毒その他の直腸炎ダグラス窩膿瘍直腸ポリープ桂枝加芍薬湯細菌性赤痢直腸癌

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android