コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しぶり腹 しぶりばら tenesmus

翻訳|tenesmus

2件 の用語解説(しぶり腹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しぶり腹
しぶりばら
tenesmus

裏急後重 (りきゅうこうじゅう) ともいう。直腸炎や赤痢などにみられる症状で,しばしば強い消化管の疼痛を伴って便意を催すが,肛門括約筋けいれんのため,少量の排便をみるのみで,すぐにまた便意を催す状態をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しぶり腹
しぶりばら

単に「しぶり」ともいい、テネスムスtenesmusの訳語で、古くは裏急後重(りきゅうこうじゅう)とよんだ。直腸炎や赤痢など炎症性の刺激によって直腸が過敏状態になり、便がすこしたまっただけで肛門(こうもん)の筋肉がけいれんする肛門しぶりをさす。便意は疼痛(とうつう)を伴い、頻発するが、排便はほとんどないか、まったくみられないため、排便終了感もない。
 なお、これと同様な状態が尿意にみられるものを膀胱(ぼうこう)しぶりという。[岡島邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しぶり腹の関連キーワード救恤渋り腹じゅうじゅう中秋裏急後重利休饅頭じゅうじゅうカルビT90しぶり腹(テネスムス/裏急後重)伊藤九皐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しぶり腹の関連情報