コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屏風土代 びょうぶどだい

3件 の用語解説(屏風土代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屏風土代
びょうぶどだい

小野道風筆の内裏屏風の下書き (土代) 。大江朝綱の漢詩 11首を 11枚の色紙に書き,巻子本1巻にまとめている。宮内庁三の丸尚蔵館蔵。奥書に藤原定信が,「延長6 (928) 年 11月内裏御屏風などの詩なり」と記し,また保延6 (1140) 年 10月 22日これを買ったことを記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屏風土代【びょうぶどだい】

小野道風の書。928年に内裏(だいり)の屏風に大江朝綱の詩を書いたときの下書き(土代)で,22.7cm×316.6cmの巻物。藤原定信が道風筆と鑑定,巻末に奥書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屏風土代
びょうぶどだい

屏風の色紙形の下書きを巻子(かんす)本に仕立てたものであり、小野道風(おののとうふう)の真筆。宮内庁蔵。「土代」は下書きの意。楮紙(ちょし)12枚を継いだ4メートル余の一巻に、律詩8首、絶句3首が書かれている。1140年(保延6)藤原行成(ゆきなり)5代の孫、定信(さだのぶ)は、行成筆『白氏詩巻』とともにこの一巻を在俗経師の妻より購入した。そのおりに加えられた『屏風土代』の奥書には、これが延長(えんちょう)6年(928)の「内裏御屏風等詩也」とある。これは『日本紀略』後篇(へん)1の記載とも合致し、時の醍醐(だいご)天皇の宮廷に新調された屏風のためのものであったことがわかる。詩は博学多才で鳴った大内記(だいないき)大江朝綱(おおえのあさつな)で、ときに43歳。名誉の筆をとった道風は小内記で35歳。懐(ふところ)の広い、重厚な書風、そして悠揚迫らぬ筆致は第一人者の貫禄(かんろく)を誇っている。色紙形のくぎりごとに墨界を引き、「乙一」「乙二」などと小さく書いてその位置を示す。さらに、随所に書き込まれた書体を変えた同一文字は、彼の推敲(すいこう)の跡を示して甚だ興味深い。[尾下多美子]
『廣瀬保吉編『屏風土代』和本(1976・清雅堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屏風土代の関連キーワード小島宗真秋萩帖三色紙土代野跡道風くん三蹟(三跡)小野道風青柳硯屛風土代小野道風神社

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone