コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屏風土代 びょうぶどだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屏風土代
びょうぶどだい

小野道風筆の内裏屏風下書き (土代) 。大江朝綱の漢詩 11首を 11枚の色紙に書き,巻子本1巻にまとめている。宮内庁三の丸尚蔵館蔵。奥書藤原定信が,「延長6 (928) 年 11月内裏御屏風などの詩なり」と記し,また保延6 (1140) 年 10月 22日これを買ったことを記している。藤原行成の『白氏詩巻』の奥書にも,この巻子を物売り女から『白氏詩巻』とともに買入れた旨を記している。書は豊円温雅で王羲之行書筆意をよく得ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

屏風土代【びょうぶどだい】

小野道風の書。928年に内裏(だいり)の屏風に大江朝綱の詩を書いたときの下書き(土代)で,22.7cm×316.6cmの巻物。藤原定信が道風筆と鑑定,巻末に奥書がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屏風土代
びょうぶどだい

屏風の色紙形の下書きを巻子(かんす)本に仕立てたものであり、小野道風(おののとうふう)の真筆。宮内庁蔵。「土代」は下書きの意。楮紙(ちょし)12枚を継いだ4メートル余の一巻に、律詩8首、絶句3首が書かれている。1140年(保延6)藤原行成(ゆきなり)5代の孫、定信(さだのぶ)は、行成筆『白氏詩巻』とともにこの一巻を在俗経師の妻より購入した。そのおりに加えられた『屏風土代』の奥書には、これが延長(えんちょう)6年(928)の「内裏御屏風等詩也」とある。これは『日本紀略』後篇(へん)1の記載とも合致し、時の醍醐(だいご)天皇の宮廷に新調された屏風のためのものであったことがわかる。詩は博学多才で鳴った大内記(だいないき)大江朝綱(おおえのあさつな)で、ときに43歳。名誉の筆をとった道風は小内記で35歳。懐(ふところ)の広い、重厚な書風、そして悠揚迫らぬ筆致は第一人者の貫禄(かんろく)を誇っている。色紙形のくぎりごとに墨界を引き、「乙一」「乙二」などと小さく書いてその位置を示す。さらに、随所に書き込まれた書体を変えた同一文字は、彼の推敲(すいこう)の跡を示して甚だ興味深い。[尾下多美子]
『廣瀬保吉編『屏風土代』和本(1976・清雅堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屏風土代の関連キーワード小野道風(おののとうふう)古筆学玉泉帖

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android