コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白紋羽病 しろもんぱびょう

百科事典マイペディアの解説

白紋羽病【しろもんぱびょう】

子嚢菌(しのうきん)類ロゼリニア・ネカトリックスによって引き起こされる土壌伝染性の植物病。根が白色の菌糸で覆われて衰弱し,地上部の生育も衰える。本菌は多犯性で,リンゴ,ブドウ,モモなどの果樹,スギ,カエデなどの樹木,ソラマメサツマイモなどの野菜や畑作物に感染する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白紋羽病
しろもんぱびょう

果樹、樹木、クワ、サツマイモなどの病気で、ロゼリニア・ネカトリックスRosellinia necatrixというカビの寄生によっておこる。根や地際(じぎわ)部の幹の表面に白色ないし灰白色の菌糸がまつわりつき、形成層にまで菌糸が侵入する。このため根が腐って木は衰弱し、葉は黄変して落葉し、ついに枯死する。リンゴ、ナシで被害が大きい。病根を抜き取り、跡地はクロルピクリンで消毒して防ぐ。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白紋羽病の言及

【紋羽病】より

…これにかかった植物は地上部全体に生気がなく,葉は黄褐色に変わって脱落し,根を掘ってみると,白色または紫色のカビが網目状におおっている。白紋羽病white root rotと紫紋羽病violet root rotとの2種類があるが,地上部だけをみてこの二つを見分けることはむずかしい。根をおおった菌が組織を侵し,養分の吸収,水分の上昇を妨げるので植物全体が枯死する。…

※「白紋羽病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白紋羽病の関連キーワード紋羽病子嚢菌樹病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android