コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百合鴎 ユリカモメ

1件 の用語解説(百合鴎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆり‐かもめ【百×鴎】

カモメ科の鳥。全長約40センチ。くちばしと脚が赤く、冬羽は全体に白いが、夏羽では頭部が黒褐色になる。ユーラシアに分布。日本では冬鳥として各地の海岸・内湾・川などでふつうにみられる。和歌によまれ、古来著名な隅田川の「都鳥(みやこどり)」はこの種をさす。 冬》「海光の風にかたむく―/信子」
(ゆりかもめ)東京の新橋から豊洲までの14.7キロを結ぶ、コンピューター制御による無人運転電車。平成7年(1995)11月新橋-有明間で開業。平成18年(2006)3月に豊洲まで延長開通。株式会社ゆりかもめ(開業時は東京臨海新交通株式会社)が運営。路線名は、東京臨海新交通臨海線

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百合鴎の関連キーワード鰺刺極鰺刺白鰺刺白鴎背黒鴎盗賊鴎フランクリン鴎