百合鴎(読み)ユリカモメ

デジタル大辞泉の解説

ゆり‐かもめ【百×鴎】

カモメ科の鳥。全長約40センチ。くちばしと脚が赤く、冬羽は全体に白いが、夏羽では頭部が黒褐色になる。ユーラシアに分布。日本では冬鳥として各地の海岸・内湾・川などでふつうにみられる。和歌によまれ、古来著名な隅田川の「都鳥(みやこどり)」はこの種をさす。 冬》「海光の風にかたむく―/信子」
(ゆりかもめ)東京の新橋から豊洲までの14.7キロを結ぶ、コンピューター制御による無人運転電車。平成7年(1995)11月新橋-有明間で開業。平成18年(2006)3月に豊洲まで延長開通。株式会社ゆりかもめ(開業時は東京臨海新交通株式会社)が運営。路線名は、東京臨海新交通臨海線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

百合鴎 (ユリカモメ)

学名:Larus ridibundus
動物。カモメ科の海鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android