海猫(読み)ウミネコ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐ねこ【海猫】

カモメ科の海鳥。全長48センチくらい。くちばしの先端が赤くて、体はカモメに似て白色で、背に黒いまだら模様がある。鳴き声がに似ている。青森県八戸(はちのへ)海岸の蕪島(かぶしま)、島根県経島(ふみじま)などの繁殖地は天然記念物 夏》「―の巣立つ怒濤の日なりけり/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみねこ【海猫】

〔鳴き声が猫に似るところから〕
チドリ目カモメ科の海鳥。全長45センチメートルほど。体は純白で、背と翼が灰黒色。尾に太い黒帯があるのが特徴。日本近海の島に集団で営巣する。青森県蕪島かぶしま・島根県経島ふみじまなどの繁殖地は天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海猫 (ウミネコ)

学名:Larus crassirostris
動物。カモメ科の海鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐ねこ【海猫】

〘名〙
① カモメ科の海鳥。鳴き声がネコに似ているところからこの名がある。全長四六センチメートル内外。背面と翼は灰青色で、そのほかは白色。尾羽に黒い横帯がある。くちばしは黄緑色で先端に赤と黒の斑紋があり、脚は黄色。東部アジアに広く分布し、日本では北海道、本州沿岸で繁殖。青森県の蕪島(かぶしま)、島根県の経島(ふみじま)などは繁殖地として天然記念物に指定。ねこどり。《季・夏》
▼うみねこ帰る《季・秋》
▼うみねこ渡る《季・春》
② カモメ類の俗称。カモメ類にはネコに似た声で鳴くものが多く、「ねこどり」という地方もあり、逆に、ウミネコを特に区別せず、カモメ類すべてを「かもめ」「かごめ」「ごめ」などと呼ぶ地方もある。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海猫の関連情報