コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海猫 ウミネコ

3件 の用語解説(海猫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うみ‐ねこ【海猫】

カモメ科の海鳥。全長48センチくらい。くちばしの先端が赤くて、体はカモメに似て白色で、背に黒いまだら模様がある。鳴き声が猫に似ている。青森県八戸(はちのへ)海岸の蕪島(かぶしま)、島根県経島(ふみじま)などの繁殖地は天然記念物 夏》「―の巣立つ怒濤の日なりけり/秋桜子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

海猫

2004年公開の日本映画。監督:森田芳光、原作:谷村志穂による同名の恋愛小説、脚色:筒井ともみ。出演:伊東美咲、仲村トオル、三田佳子、ミムラ、佐藤浩市ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うみねこ【海猫】

〔鳴き声が猫に似るところから〕
チドリ目カモメ科の海鳥。全長45センチメートルほど。体は純白で、背と翼が灰黒色。尾に太い黒帯があるのが特徴。日本近海の島に集団で営巣する。青森県蕪島かぶしま・島根県経島ふみじまなどの繁殖地は天然記念物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海猫の関連キーワード河鹿烏鳴き経読み鳥猿尾鉄砲和え巴猿蚊雷毛錐六出呼子鳥

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海猫の関連情報