百済琴(読み)くだらこと

デジタル大辞泉の解説

くだら‐ごと【百済琴】

竪箜篌(たてくご)の日本名。古代アッシリアに発祥、奈良時代に百済を経て伝来し、平安初期まで雅楽器として用いられた。正倉院に部分的に残存。→箜篌(くご)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くだら‐ごと【百済琴】

〘名〙 竪箜篌(たてくご)の日本での名。古代アッシリアの楽器で、奈良時代に、中国、百済などを経て伝来。平安初期まで雅楽器に用いられたが、中期に滅びた。正倉院に残欠が遺存する。→箜篌(くご)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※随筆・独寝(1724頃)上「妓(をどりこ)の内に箜篌(クダラゴト)〈国会図書館本ルビ〉をよく弾ずるものあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android