コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百論 ひゃくろん

4件 の用語解説(百論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百論
ひゃくろん

インドの提婆 (だいば) の著。鳩摩羅什 (くまらじゅう) が漢訳。2巻。 100の詩句とそれに対する注釈とから成る。内容は三宝に対する帰敬序に始まり,龍樹の空観の立場から,サーンキヤ,バイシェーシカ,ニヤーヤなど仏教以外のインド哲学諸派の世界観,人性論,解説論を論破し,仏教の正しい見解を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゃくろん【百論】

仏教書。2巻。提婆(だいば)著。鳩摩羅什(くまらじゅう)訳。竜樹の「中論」に基づいて空(くう)の思想を明らかにしたもの。三論の一で、三論宗の依拠書。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくろん【百論】

仏書。二巻。提婆だいば著、世親釈、鳩摩羅什くまらじゆう訳という。中道の立場からあらゆる迷いの見解を打ち破ることを意図する。三論の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百論
ひゃくろん

アーリヤデーバ(聖提婆(しょうだいば)、2~3世紀)の著作。「経」(修妬路(しゅとろ)、スートラ)とよばれる著者自身の簡略な本文と、それに対して婆数(ばす)が加えた注釈とが、漢訳として現存。師ナーガールジュナ(龍樹(りゅうじゅ))の『中論』に基づいて、自我・常住な実体などについての他学派の学説を批判することによって、空(くう)の思想を明らかにしたもの。同一の著者による『四百論』が「百論」と称されることがあるが、それは別の著作。『百論』は中国で『中論』『十二門論』と並んで三論の一つとされ、三論宗の基礎となった。[江島惠教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone