百鬼夜行絵巻

  • ひゃっきやこうえまき

世界大百科事典 第2版の解説

京都大徳寺真珠庵所蔵の1巻を代表作とする室町時代16世紀の絵巻。夜の闇にあらわれるさまざまな妖怪を連続的に登場させ,最後に日輪があらわれ,妖怪たちがあわてて退散しようとするまでを描く。詞書はなく,をかついだ青鬼,御幣を振りまわす赤鬼をはじめ,払子(ほつす),(くつ),琵琶鳥兜などの怪物,おはぐろをつけている女や,おかめのような化物,鍋,銅鉢,五徳などの器物の化物が次々にあらわれるが,いずれも肥瘦の著しい墨線で大ぶりに描かれており,そのデフォルメされた形態はむしろユーモラスでもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室町後期(16世紀)の絵巻。さまざまな妖怪(ようかい)が夜行するさまを描く。青鬼、赤鬼のほか琴、琵琶(びわ)、笙(しょう)、沓(くつ)、扇、鍋(なべ)、釜(かま)、五徳などの器物、調度の化け物を集めて連続的に描く。詞書(ことばがき)はもたず、内容をつまびらかにしないが、これに類似した『付喪神(つくもがみ)絵巻』(模本が伝存)が、器物や調度を粗末に扱うと、後日それらの妖怪が京の町中を練り歩く、という意味の内容を説いており、これに類することが描かれていると推測される。たくましい空想力と、戯画的な諧謔(かいぎゃく)味を帯びた画面は、絵巻作品中でも異色である。遺品の種類も多く、いずれも土佐派系の画家の手になるが、京都・大徳寺真珠庵(あん)の一巻は構成が整い、最古のものとされる。肥痩(ひそう)の著しいのびやかな描線に濃彩を施し、奔放な作風を示す。重要文化財。[村重 寧]
『小松茂美編『日本絵巻大成25 百鬼夜行絵巻他』(1979・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百鬼夜行絵巻の関連情報