コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆生[温泉] かいけ

百科事典マイペディアの解説

皆生[温泉]【かいけ】

鳥取県米子市,弓ヶ浜の美保湾岸にわく。含塩化土類食塩泉,85℃。砂丘に松林が続き,隠岐や大山(だいせん)を遠望。米子駅からバス。
→関連項目米子[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいけ【皆生[温泉]】

鳥取県西部の米子市の北部に位置し,日本海に臨む温泉。明治年間に海中に湯が湧くことが発見され,明治末には海岸の浅瀬で自噴泉の発見があり,砂浜で村営温泉場が開設された。1921年からは本格的な温泉開発や土地分譲が進み,25‐38年には米子駅と皆生を結ぶ電車が走るようになって,急激に観光地化と保養地化が進んだ。しかし,昭和に入ると,中国山地の鉄穴(かんな)流しが衰退し,砂防,ダム工事なども進(しんちよく)して日野川流砂の減少を招き,それまで堆積していた砂浜は海岸浸食が激しくなり,昭和10年代には旅館や泉源の一部が波によって流失して深刻な事態となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android