コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田池 ますだのいけ

1件 の用語解説(益田池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ますだのいけ【益田池】

大和国高市郡に設けられた池。奈良県橿原市久米寺の南西の地に比定され,堤跡が一部残存している。丘陵に囲まれた盆地部に堤を築き,高取川をせきとめて池とした。堤跡の高さ約8m,基底の幅約15m。面積は40ha前後であったと推定される。完成時に空海によって撰された《益田池碑銘幷序》によると,822年(弘仁13)藤原三守と紀末成とが,干ばつに備える一方,開墾促進を目的に造池を計画し,嵯峨天皇の許可を得,空海の弟子真円とともに工事に着手した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

益田池の関連キーワード畝傍橿原神宮蘇我大和三山奈良県立医科大学橿原勤操埴安の池奈良・妊婦搬送中死産問題貞吉(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone