コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥の石造物(読み)あすかのせきぞうぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

あすかのせきぞうぶつ【飛鳥の石造物】

奈良県明日香村を中心とし,高取町橿原市のいわゆる〈飛鳥〉に点在する奇怪な形をした約20個の石造物。仏教美術とは異質にみえ,用途が明らかでないため,〈謎の石〉と呼ばれるが,姿・形から,猿石,人頭石石人像亀石,酒舟石,須弥山(しゆみせん)石,益田岩船,立石などと名付けられてきた。例えば〈酒舟石〉は巨石の上面を滑らかにし,円形のくぼみを細長の溝で樹系図状に結んだもので,西の丘陵下に向かって傾斜する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥の石造物の関連情報