コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛世滋生人丁 せいせいじせいじんていsheng-shi zi-sheng ren-ding; shêng-shih tzǔ-shêng jên-ting

3件 の用語解説(盛世滋生人丁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛世滋生人丁
せいせいじせいじんてい
sheng-shi zi-sheng ren-ding; shêng-shih tzǔ-shêng jên-ting

中国,清代の丁賦 (人頭税) を免除された壮丁 (16~60歳) 。明末の一条鞭法は地賦と丁賦の2本立てであったが,清初の丁賦額の増徴で編審 (丁賦を割当てる実数調査) の不正報告が多くなり,その矛盾も生じたのでこれを是正するため,康煕 51 (1712) 年に前年の徴収銭糧冊の丁賦額 (2462万人) をもって据置き,新たに生れてくる壮丁 (盛世滋生人丁) には課税しない方針を定め,翌 52年から実施した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいせいじせいじんてい【盛世滋生人丁 shèng shì zī shēng rén dīng】

中国,清代の壮丁(16~60歳)のうち,定額をこえるため丁銀徴収を免除された人丁。清朝の租税は,はじめ明朝をうけつぎ,地銀・丁銀の2本立てであり,壮丁登録(編審)は,はじめ3年に1回,1656年(順治13)から5年に1回行われた。しかし官僚・郷紳の丁銀免除特権の乱用,富裕多丁戸の壮丁数ごまかし,貧困化した農民の丁銀未納など諸要因により,壮丁登録は混乱し,丁銀の公正な徴収は困難であった。そこで1712年(康熙51),清朝は前年の丁数2462万を定額として固定し,以後の新増加分の壮丁は盛世滋生人丁と名付けて帳簿を別にし(盛世滋生戸口冊),翌13年から丁銀を免除することとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盛世滋生人丁
せいせいじせいじんてい

中国、清(しん)代の壮丁(16~60歳)のうち、定額を超えるため丁銀を免除した人丁。丁銀徴収のため、壮丁の登録(編審)を行ったが(5年に1回)、官僚、郷紳の丁銀免除特権の乱用、富裕多丁戸の丁数ごまかし、貧困農民の丁銀未納などにより、登録は混乱し、丁銀の公正な徴収は困難であった。そこで1712年、清朝は、前年の丁数2462万を定額として固定し、新増加分の壮丁は盛世滋生人丁と名づけて、翌13年から丁銀を免除することとした。定額内の人丁が死亡した場合は、その戸内あるいは親属、同地域から補充した。丁額、丁銀額を固定化したことが、1716年から始まる租税の大改革(地丁併徴)の実現を可能にした。[北村敬直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone