コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条鞭法 いちじょうべんぽう Yi-tiao bian-fa; I-t`iao pien-fa

6件 の用語解説(一条鞭法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一条鞭法
いちじょうべんぽう
Yi-tiao bian-fa; I-t`iao pien-fa

中国,明代後期から清代初めにかけて行われた税制。一条編法とも書かれ,単に条鞭,一条法などとも呼ばれた。従来の農民の負担は,土地保有者である農民の土地税としての田賦と,人頭税としての徭役が主であり,明初の田賦は,唐代末以来の両税法により夏税秋糧の2期に分けた米麦などの現物徴収 (本色) を原則とし,徭役は里甲正役とそれ以外の雑役のみに限られ簡単であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちじょう‐べんぽう〔イチデウベンパフ〕【一条×鞭法】

中国、明代後期から清代初期にかけて行われた賦役(ふえき)徴収法。別々に割り当てていた賦と役を一つにまとめて銀で徴収し、簡素化と増収を図った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一条鞭法【いちじょうべんぽう】

中国,明末〜清初に施行された税制。条鞭,一条法とも記す。田賦・徭役(ようえき)をはじめ雑多な諸税を個別徴収から銀による一括徴収に改革し税制を簡素化したもの。16世紀後半江南に始まり全国に普及。
→関連項目万暦帝賦役(中国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちじょうべんぽう【一条鞭法 Yī tiáo biān fǎ】

中国,明代後期より清初にかけて行われた税法。従来多くの項目に分かれて割り当てられていた租税,力役(徭役(ようえき))を銀納化し,各項目を一条にまとめて銀で納入させることにしたのがこの税法である。一条編法と記すのが正しいとされるが,単に条鞭とも一条法と記すこともある。明の税法は本来は土地税として夏税(かぜい)・秋糧を徴し,米,麦などの現物を納入させるのが原則であった。一方,力役は里甲正役と雑役があり,各個人に割り当てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いちじょうべんぽう【一条鞭法】

中国、明代後期から清代初期にかけて行われた税制。唐中期以来の税法上の大変革。田賦でんぷや徭役ようえきなどを一条にまとめて、銀で納付させ、事務の簡素化と税収の確保を図った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一条鞭法
いちじょうべんぽう

中国、明(みん)後期から清(しん)初に行われた税、徭役(ようえき)制度。鞭は編、辺とも記され、一条法、条鞭と略された。税、役各項の複雑多岐にわたる諸内容を1条にまとめて徴収したので、この名称が生じた。明の税は、唐中期以来の両税法により夏税、秋糧を徴収したが、それらは米、麦、生糸、絹などの現物(本色(ほんしき))納入を原則とした。また、徭役は里甲正役と雑役とからなり、実際の労働力の徴用が中心であった。税、徭役は郷村組織である里甲制を通じて収取されたが、税、役各項の負担の軽重に応じて、各戸内人数(人丁(じんてい))、資産の多寡を総合評価した戸則(こそく)(三等九則)によって割当てが行われた。明初は内容も簡単で負担も比較的軽かったが、都城宮殿の造営、文武官員の増加、外征軍費の増額などで税、役の絶対量が増え、とくに永楽帝(在位1402~24)の北京(ペキン)遷都が漕運(そううん)労役を重くし、付加税(加耗(かこう))を増大させたりして、15世紀には税、役ともに項目数も内容も複雑で過重なものとなった。
 明中期には産業が発達して銀が流通し、税、役の銀による代納が普及すると、税、役の諸項内容を銀額で表示し、それぞれを合算して総額を出し、その総額を、検地(丈量(じょうりょう))と検丁(編審(へんしん))によって確認された一州県内の田土と人丁に割り当てる方法が始まった。1530年8月に大学士桂蕚(けいがく)が上申し、同年10月に戸部議案となった改革案は、翌年3月の御史(ぎょし)傅漢臣(ふかんしん)の上言によれば、一条編法とよばれていたが、夏秋両税などの合算銀額が畝(ほ)(面積の単位)ごとに若干両、同じく徭役銀も丁ごとに若干両、畝ごとに若干両とされていた。しかし一条鞭法は、これより順調に進展したのでなく、とくに華北には施行の反対論が強く、その普及は1580~82年の張居正(ちょうきょせい)の行った丈量以後のことであった。[川勝 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一条鞭法の言及

【明】より

…また行政運営に必要な労働を民戸に課する徭役は,田賦とならぶ人民の二大負担であったが,これも中期以降しだいに銀納が拡大した。田賦,徭役の銀納化は,税制の簡素化,徴税の能率化と結びついて,嘉靖(1522‐66)以後,一条鞭法として普及することになり,両税法以来の大きな税制改革となった。
[軍事]
 軍事関係では,明初全軍が大都督府のもとに統率されていたが,1380年(洪武13)中書省廃止の際,大都督府も分割されて前後左右中の五軍都督府となった。…

※「一条鞭法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一条鞭法の関連キーワードコーツランド達磨市一字三礼御伽芝居皇親政治時文文人生け麻沙本二句神歌ケネディラウンド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一条鞭法の関連情報