コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監司 かんしjiān sī

世界大百科事典 第2版の解説

かんし【監司 jiān sī】

中国,府州県の地方官ならびに諸政監察する官庁の総称。監司という用語は2世紀後半の後漢時代にあらわれるが,御史や刺史など弾劾,監察を行う官署の呼称として一般化するのは西晋(265‐316)以後である。それがもっとも広く使用されたのは10世紀から13世紀の代においてであった。宋は府州県の上に監督区分として15ないし23のを設け,その長官を監司と呼んだ。具体的には,主として人事・財政を担当する転運司,警察・司法の提点刑獄,軍事関係の安撫司,特殊財務を取り扱う提挙常平司の四者があり,それぞれ,漕司,憲司帥司倉司の別名を持った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の監司の言及

【宋】より

…末端の県の官吏は,五代のとき軍閥に籠絡されて,そのなすがままになっていたので,ここでも中央の官員を知県に任命し,政府が直接に県政を掌握することにした。一方,州の上には路という監督区分を設けて,転運司(漕),提点刑獄司(憲),経略安撫司(帥)を置き,それぞれ一路の財政,司法,軍事をつかさどり,のちに提挙常平茶塩公事(倉)を置き,総称して監司といった。路の数ははじめ15であったが,のちに23に増え,北宋末期には26路になった。…

※「監司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

監司の関連キーワードコクトゥカクシノルムクェーカー教徒ブジョンヌイ万言の書按察使朴珪寿柯劭忞呉偉業熊賜履羅欽順

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android