コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監視労働 かんしろうどう

1件 の用語解説(監視労働の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんしろうどう【監視労働】

1960年代以降の製鉄所,化学工場,石油精製所などに普及した現代の工業労働の代表的な一類型。オートメーション装置の自動制御にもとづく機能を,その安定した稼働にむけて補完する労働である。制御室での計器の監視,〈正常値〉の範囲内への計器の調整,装置各パートのパトロール点検,操業状態の記録,そして,まれに生じかねない緊急異常事態への対処などが,職務の具体的な内容をなす。監視労働は,コンベヤ職場などにみる〈流れ作業〉にくらべれば確かに,より多様な動作からなり,より断続的,より自律的な作業ペースで行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

監視労働の関連キーワード石油化学八幡製鉄所製鉄所新日鉄八幡製鉄所新日鉄八幡製鉄所の火災新日本製鉄大分製鉄所湯川正夫伊勢化学工業日亜化学工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone