コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相州兵乱記 そうしゅうへいらんき

2件 の用語解説(相州兵乱記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相州兵乱記
そうしゅうへいらんき

室町時代の関東を扱った合戦記。4巻。著者,成立年代は未詳であるが,天正8 (1580) 年以降と推定される。関東公方 (くぼう) の由来から,北条氏康父子と里見義弘との下総国府台合戦武田晴信 (信玄) と長野業盛との上野 (こうずけ) 箕輪合戦までを記す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしゅうへいらんき【相州兵乱記】

中世関東戦乱の記。《関東兵乱記》ともいう。4巻。序によれば北条氏の家人が先祖の記録を編したものという。鎌倉公方の歴史に始まり,1564年(永禄7)の国府台(こうのだい)合戦,武田氏の箕輪城攻めまでの,関東の諸兵乱の物語。北条氏の勃興史が中心であるが,史料としての利用には厳密な史料批判が必要である。《北条記》(《続群書類従》所収)の前半と内容が類似している。《群書類従》所収。【下村 信博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone