コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相貌的知覚 そうぼうてきちかくphysiognomic perception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相貌的知覚
そうぼうてきちかく
physiognomic perception

外界の対象や事象に感情や欲求を移入して,あたかも表情をもったもののように把握することをさす。幼児あるいは特にペット動物の知覚の特徴を示すものとして,H.ウェルナーにより提出された用語。対象の部分部分ではなく,漠然とした全体の相貌をとらえることを表わし,一般に未発達な知覚の特性とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうぼうてき‐ちかく〔サウバウテキ‐〕【相貌的知覚】

生命のないものにも人間と同様な感情があり、表情があると感じること。太陽が笑ったり、月が悲しげにうなだれたりしていると感じるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうぼうてきちかく【相貌的知覚】

〘心〙 外界の事物やその動きを、人間の顔かたちや表情・動作になぞらえて感じとること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

相貌的知覚の関連キーワード生命事物外界