真果(読み)しんか(英語表記)true fruit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真果
しんか
true fruit

子房のみが熟して,その中に種子を含む果実偽果に対する。多くの果は真果である。真果はその性状によってまず乾果 (例:ダイズ) と多肉果 (例:ウメ) に分けられ,さらに各種の指標によって整理,分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんか【真果】

受精後、種子の形成とともに子房だけが発育してできた果実。ウメ・ブドウなど。 ⇔ 偽果ぎか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真果
しんか

子房壁と胚珠(はいしゅ)だけから構成され、花のその他の部分が果実の構成にかかわっていない果実をいう。偽果(ぎか)(仮果)に対する語。多くの果実はこれに属する。ウメ、ブドウ、ユリの果実は真果である。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐か ‥クヮ【真果】

〘名〙
① 種子と子房が成熟、変化してできる果実。ウメ・カキ・ブドウなどがその例。花托(かたく)など子房以外の部分が加わってできる偽果に対していう。真正果実。
② 仏語。真実の悟り。仏道修行の結果会得される究極の境地。〔宋之問‐送沙門泓景道俊玄奘還荊州応制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の真果の言及

【実】より

…花柱が残って子房とともに大きくなり散布に役立つものが,テッセン,チングルマなどに知られている。 このように実の構成に子房以外の部分が関係しているものを偽果false fruitと呼び,子房からのみなる狭義の実を真果true fruitとして区別することがある。しかし両者の区別は必ずしも明瞭ではなく,例えばカキでは萼が著しく生長するので偽果となり,ミカンの萼はほとんど生長しないため真果とするのでは,あまりにも人為的過ぎる。…

※「真果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android