コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠れる美女

4件 の用語解説(眠れる美女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

眠れる美女

1968年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:川端康成、脚色:新藤兼人。出演:田村高廣山岡久乃、八木昌子、香山美子、中原早苗、大出俊ほか。第23回毎日映画コンクール女優助演賞(山岡久乃)受賞。

眠れる美女

1995年公開の日本映画。監督:横山博人、原作:川端康成、脚本:石堂淑朗。出演:原田芳雄、大西結花、吉行和子、原田善之、鰐淵晴子観世栄夫長門裕之ほか。第50回毎日映画コンクール女優助演賞(鰐淵晴子)受賞。

眠れる美女

米国の作家ロス・マクドナルド長編小説(1973)。原題《Sleeping Beaty》。「リュウ・アーチャーシリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眠れる美女
ねむれるびじょ

川端康成(やすなり)晩年の中編小説。1960~61年(昭和35~36)『新潮』に断続連載。61年新潮社刊。毎日出版文化賞受賞。男の能力を失った老人のために、美しい処女を眠り薬で眠らせておくという妖(あや)しげな娼家(しょうか)がある。そこを五夜にわたって江口老人が訪れる。娘の肢体に触れ、邪悪な空想にとらわれることがあっても、結局は娘たちを通して、昔の恋人や母を思い、娘たちを慈しみ、祈る心に高まっていく。背景に能『江口(えぐち)』があり、同系の作品に超現実的手法の『片腕』(1963~64)がある。[羽鳥徹哉]
『『眠れる美女』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眠れる美女の関連キーワード首の座誘拐深い河OUTあした白い手スパイ・ゾルゲ不毛地帯Love Letter

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眠れる美女の関連情報