三河湾(読み)みかわわん

  • みかわわん みかは‥
  • みかわわん〔みかは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知県南部,知多渥美両半島に囲まれた入。東半分を渥美湾,西半分を知多湾という。面積 539km2,大部分が水深 20m未満。豊川,矢作 (やはぎ) 川が流入し,篠島,日間賀島,佐久島などの島嶼が点在。湾内をほぼ東西の方向に中央構造線が走り,北岸と南岸では地質構造を異にする。古くから三河のりの養殖が盛んであったが,湾岸は工業化が進み,1963年東三河工業整備特別地域に指定され,36.30km2の埋立て工事が完了した。豊橋蒲郡西浦田原の4港が統合されて三河港となり,自動車積出しを主に流通の拠点となった。湾岸一帯は風光にすぐれていて,58年三河湾国定公園指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

愛知県の渥美半島と知多半島に抱かれた内湾。東部の渥美湾と西部の知多湾に分かれる。面積539km2。北東部に注ぐ豊川の延長線上に湾を南北に二分する形で中央構造線が走っている。湾口の師崎(もろざき)水道,中山水道を除いて水深20mを超えるところはほとんどなく,そのため全国屈指のノリ養殖地になっている。沿岸漁業も盛んでクルマエビ,カレイ,アサリなどの浅海性魚介類が豊富である。これらの漁獲物は一色吉良,片原,三谷(みや)などの小漁港から県内各地に出荷される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

愛知県南部、渥美半島と知多半島に囲まれる湾。渥美湾と知多湾に分かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県南部、知多(ちた)、渥美(あつみ)両半島に抱かれた内湾。面積539平方キロメートル。知多半島寄りの知多湾、渥美半島寄りの渥美湾に区別してよぶこともある。伊勢(いせ)湾とは知多半島によって分けられ、水深は湾口の師崎(もろざき)水道、中山水道を除くと大部分が20メートル以下の浅海、湾岸は5メートル以下の遠浅の海で、埋立てによる臨海工業地帯の適地が多く、衣浦(きぬうら)港、三河港には広大な埋立地がつくられ、工業地帯となっている。湾内には島嶼(とうしょ)も多く佐久(さく)島、日間賀(ひまか)島、篠(しの)島をはじめ竹島、大島など小島が散在、それぞれ特色のある観光地となり、内湾、沿岸を含めて三河湾国定公園に指定されている。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

愛知県南部、渥美・知多の両半島に抱かれる湾。渥美半島寄りの渥美湾と、知多半島寄りの知多湾に分けられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三河湾の関連情報