コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三河湾 みかわわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三河湾
みかわわん

愛知県南部,知多渥美両半島に囲まれた湾入。東半分を渥美湾,西半分を知多湾という。面積 539km2,大部分が水深 20m未満。豊川,矢作 (やはぎ) 川が流入し,篠島,日間賀島,佐久島などの島嶼が点在。湾内をほぼ東西の方向に中央構造線が走り,北岸と南岸では地質構造を異にする。古くから三河のりの養殖が盛んであったが,湾岸は工業化が進み,1963年東三河工業整備特別地域に指定され,36.30km2の埋立て工事が完了した。豊橋,蒲郡西浦,田原の4港が統合されて三河港となり,自動車積出しを主に流通の拠点となった。湾岸一帯は風光にすぐれていて,58年三河湾国定公園に指定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みかわ‐わん〔みかは‐〕【三河湾】

愛知県南部の湾。渥美半島知多半島とに囲まれ、渥美湾・知多湾に分かれる。ノリ・アサリ養殖が行われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みかわわん【三河湾】

愛知県の渥美半島と知多半島に抱かれた内湾。東部の渥美湾と西部の知多湾に分かれる。面積539km2。北東部に注ぐ豊川の延長線上に湾を南北に二分する形で中央構造線が走っている。湾口師崎(もろざき)水道,中山水道を除いて水深20mを超えるところはほとんどなく,そのため全国屈指のノリ養殖地になっている。沿岸漁業も盛んでクルマエビカレイ,アサリなどの浅海性魚介類が豊富である。これらの漁獲物は一色,吉良,片原,三谷(みや)などの小漁港から県内各地に出荷される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みかわわん【三河湾】

愛知県南部、渥美半島と知多半島に囲まれる湾。渥美湾と知多湾に分かれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕三河湾(みかわわん)


愛知県南部、知多(ちた)半島と渥美(あつみ)半島に抱かれた湾。知多半島南端の羽豆(はず)岬から佐久(さく)島を経て渥美半島北西端の立馬(たつま)崎を結ぶ線を湾口とする。湾内は羽豆岬と矢作古(やはぎふる)川河口西方の生田鼻(いくたはな)を境に東側の渥美湾と北西側の知多湾に分かれる。湾口付近に篠(しの)島・日間賀(ひまか)島などが点在、北の師崎(もろざき)水道、南の中山(なかやま)水道で伊勢(いせ)湾に通じる。湾内は水深20m以下の浅海をなす。ノリ・ワカメの養殖が盛ん。渥美湾沿岸の東三河地区は1964年(昭和39)に工業整備特別地域に指定され、臨海工業地帯・流通基地として開発が進んだ。蒲郡(がまごおり)海岸はじめ沿岸に三河湾国定公園に属する景勝地が点在する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三河湾
みかわわん

愛知県南部、知多(ちた)、渥美(あつみ)両半島に抱かれた内湾。面積539平方キロメートル。知多半島寄りの知多湾、渥美半島寄りの渥美湾に区別してよぶこともある。伊勢(いせ)湾とは知多半島によって分けられ、水深は湾口の師崎(もろざき)水道、中山水道を除くと大部分が20メートル以下の浅海、湾岸は5メートル以下の遠浅の海で、埋立てによる臨海工業地帯の適地が多く、衣浦(きぬうら)港、三河港には広大な埋立地がつくられ、工業地帯となっている。湾内には島嶼(とうしょ)も多く佐久(さく)島、日間賀(ひまか)島、篠(しの)島をはじめ竹島、大島など小島が散在、それぞれ特色のある観光地となり、内湾、沿岸を含めて三河湾国定公園に指定されている。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三河湾の関連キーワードロック・オン・ザ・ロック南知多県立自然公園三河三谷[温泉]赤羽根[町]休暇村伊良湖愛知県蒲郡市南知多[町]臨海工業地帯西浦[温泉]えびせんべい一色〈町〉竹島水族館幡豆[町]幡豆〈町〉吉良[町]吉良〈町〉美浜[町]渥美[町]三河地震トラフグ

三河湾の関連情報