コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋正二郎 いしばししょうじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石橋正二郎
いしばししょうじろう

[生]1889.2.1. 久留米
[没]1976.9.11. 東京
実業家。ブリヂストンタイヤの創業者。久留米の仕立物店の家に生れ,家業を継ぐと足袋の工場生産を試みて成功した。 1918年日本足袋会社を設立,次いで新案特許のゴム底の地下足袋の製造を開始したところ労働者や農民に愛用され,驚異的な売行きをみた。 31年ブリヂストンタイヤを創立,当時きわめて困難視されていた自動車タイヤの国産化に成功した。 51年富士精密社長を兼務したほか,経済団体連合会 (経団連) ,日本経営者団体連盟 (日経連) 常任理事をつとめ,財界でも活躍した。また美術品の世界的コレクターとしても著名で,52年ブリヂストン美術館を開設したほか,ベネチアビエンナーレ日本館,国立近代美術館など多数寄付している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋正二郎 いしばし-しょうじろう

1889-1976 大正-昭和時代の実業家。
明治22年2月25日生まれ。大正12年ゴム底の地下足袋を発売して巨利をえる。昭和6年ブリヂストンタイヤを創立し,自動車タイヤの国産化を実現。32年日本合成ゴム初代社長。美術品の収集家として知られ,27年ブリヂストン美術館を開設。国立近代美術館(東京)の建設費を提供した。昭和51年9月11日死去。87歳。福岡県出身。久留米商業卒。
【格言など】人はすべからく大智大才を志さねばならぬ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしばししょうじろう【石橋正二郎】

1889~1976) 実業家。福岡県生まれ。地下足袋の発明から事業を起こし、国産タイヤ生産に着手しブリヂストンを育てる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石橋正二郎
いしばししょうじろう
(1889―1976)

企業家。福岡県久留米(くるめ)に生まれる。久留米商業学校卒業後、兄徳次郎とともに仕立物の家業を継ぐ。足袋(たび)専業化、「アサヒ足袋」の均一価格販売などにより家業を伸ばし、1918年(大正7)日本足袋株式会社を設立した。23年、新案の貼付(はりつけ)式ゴム底足袋を「アサヒ地下足袋」の名称で製造販売し、爆発的人気を博した。地下足袋、布製ゴム靴の大量製造販売で稼いだ巨資を投じて自動車用タイヤの国産化に着手し、1931年(昭和6)ブリヂストンタイヤを創立した。第二次世界大戦後、日本ゴム(旧日本足袋)を兄に譲って、ブリヂストンタイヤの経営に専念し、アメリカの総合ゴム会社グッドイヤー社との技術提携、またモータリゼーションを見越した積極的な設備投資策により、同社をタイヤ業界の首位につかせた。美術品収集でも名高く、本社ビル(東京)にブリヂストン美術館を設けた。56年には美術館を含む石橋文化センター(久留米市)を、69年には国立近代美術館(東京)などの寄付をしている。[森川英正]
『伝記刊行委員会編『石橋正二郎』(1978・ブリヂストンタイヤ株式会社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石橋正二郎の言及

【地下足袋】より

…厚い布の甲にゴム底をはりつけた,地上でじかにはく足袋。〈じきたび〉ともいう。関東でちかたびと呼ばれたため地下足袋の字があてられた。1922年(大正11)に,足袋製造業者(ブリヂストンの前身)であった石橋徳次郎・正二郎兄弟により発明され,翌年1月〈アサヒ地下足袋〉として発売された。足袋にゴム底を縫いつけた履物はすでに阪神地方などで用いられていたが,地下足袋はゴム底をはり付けにし,すべり止めの溝を入れたりしてまったく新しい耐久性のある履物として売り出された。…

【ブリヂストン[株]】より

…世界的な技術と生産能力をもち,国内でトップ,世界でも屈指のタイヤ・メーカー。前身は,1930年石橋正二郎(1889‐1976)が日本足袋(株)(1918設立。現,日本ゴム)の社長就任と同時に設けたタイヤ部。…

※「石橋正二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石橋正二郎の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]アッタロス1世アッタロス朝アルビヌス津野[町]自然単位系テルトゥリアヌス津野町

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石橋正二郎の関連情報